ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO R9、OPPO R9 Plusが中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OPPO が近頃発表を予告している「OPPO R9」「OPPO R9 Plus」が中国 工信部の認証を取得し、端末の外観やスペックが確認されました。OPPO は「OPPO R9」の発表しか予行していませんが、前作「OPPO R7」のように Plus 版も存在するようです。認証情報によると、OPPO R9 は 5.5 インチ端末、OPPO R9 Plus は 6 インチ端末です。どちらも、1,920 x 1,080 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、4GB RAM、前後に 1,600 万画素カメラを搭載しています。OS バージョンは Android 5.1 です。また、前面にはホームボタンと見られる部品が付いています。こういった仕様は OPPO スマートフォンでは稀。指紋リーダーも内蔵していると思われます。両モデルの大きな違いはプロセッサです。OPPO R9 は 1.95GHz 駆動のオクタコアプロセッサ(Snapdragon 820?)を搭載する一方で、OPPO R9 Plus は 1.8GHz 駆動のオクタコアプロセッサを搭載しています。Snapdragon 820 には 1.8GHz 版も存在するようなので、両方とも Snapdragon 820 かもしれません。Source : TENAA(OPPO R9 Plus)、TENAA 2(OPPO R9)

■関連記事
OnePlus X用の公式CyanogenMod 13の開発がスタート
Android版LINEがv5.11にアップデート、その他タブがリニューアル、フリーコイン数の確認が容易に
プラスワン、最大で1年間1GB分のデータ通信料が無料になる「春の毎月1GB無料キャンペーン」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP