ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・シングル・チャート】リアーナが2週目のNo.1をマーク、話題のルーカス・グラハムはTOP10ランクイン間近

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歴代記録を更新したリアーナの「ワーク」が2週目のNo.1を獲得した、今週の米ビルボード・シングル・チャート。

 登場4週というスピードで、先週自身14曲目の首位を獲得した、リアーナの「ワーク」。マイケル・ジャクソンの記録(13曲)を抜き、歴代首位獲得数単独4位に立ったが、2月22日に公開された「ワーク」のビデオが、1週で5000万回視聴回数を突破し、アデルの「ハロー」(2015年)、バウアーの「ハーレム・シェイク」(2013年)に次ぐ歴代3位にランクイン、今週はストリーミング(視聴)でも歴代記録を更新した。

 このストリーミング・ポイントを受け、先週よりもさらにポイントを伸ばして2週目のNo.1をマーク、アルバム『アンチ』も、先週の3位から2位にランクアップを果たしている。アルバムからの2ndシングルとして正式にはリリースされていないが、「ニーデド・ミー」も64位まで上昇している。

 2月24日に開催に開催された【ブリット・アワード2016】で「最優秀インターナショナル賞」を受賞したジャスティン・ビーバーは、「男性ソロ・アーティスト賞」を受賞したジェイムス・ベイとコラボレーションした「ラブ・ユアセルフ」が2位に停滞し、アワードではメドレー形式で披露した「ソーリー」も、4位と粘り強さをみせている。

 そのジェイムス・ベイの「レット・イット・ゴー」も、35位まで上昇中、次週は【ブリット・アワード】の効果を受け、さらにランクアップが期待される。「最優秀シングル賞」そして「最優秀アルバム賞」を受賞した、アデルの「ハロー」は8位にダウンしたが、こちらも次週、再び上昇が予想され、アルバム『25』も、登場14週目にして、週間セールス10万枚を突破するヒットを記録、アルバムは全米だけでも800万枚を突破した。

 今週、TOP10内多少の入れ違いはあったものの、メンバーの入れ替わりはなく、ほぼ変動のないチャート・アクションとなった。TOP10以下からは、先週の20位から12位へアップした、ルーカス・グラハムの「7イヤーズ」が上昇中。すでにUKチャートでは3週のNo.1をマークしているこの曲、UK以外でも、デンマーク、スウェーデン、オーストラリア、ニュージーランドで首位に立っていて、アメリカでの大ブレイクも目前といったところだ。

 マイク・ポスナーの2年ぶりとなるシングル「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」が24位から15位へ、2010年の「プリーズ・ドント・ゴー」以来、通算3曲目のTOP20入りを果たした。こちらも、ノルウェーやニュージーランドなどで首位をマークし、ヨーロッパ方面から火が付き人気を集めている。

 「ハイド・アウェイ」が23位に上昇中の、新星デイアがフィーチャリングされている、ザ・チェインスモーカーズの新曲「ドント・レット・ミー・ダウン」は81位に初登場、「ヒア」(今週26位)がロングヒットを記録している、アレッシア・カラの新曲「ワイルド・シングス」が91位に初登場した。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

3月12日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
3月12日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
デンマーク発!全英チャート3週連続1位&全米チャートTOP20入りのルーカス・グラハムって?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP