体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1台欲しい!あの“食べられるスプーン”をおウチで作れるデバイスが登場

ediblespoonmaker以前にも紹介したことがある、食べられるスプーン

アメリカのスーパーなどで販売されているアイテムで、食事の後に使い終わったら食べてしまえるというエコな商品です。

このほど、そんな「Edible Spoon」を、自宅で作成できる機器が公開され、注目を集めています。

有名デザイナーが手掛けて発売準備中?

「Edible Spoon Maker」と名付けられた、こちらのデバイス。

ediblespoonmaker

竹製のiPhone用スピーカードック「iBamboo」などを手掛けたことで知られる、デザイナーのAnatoliy Omelchenko氏が製作したそうです。

公式サイトによると、スプーンそのものと同じく、こちらのデバイスも現在、特許出願を行っているもようです。

パン生地をカットして3分で完成

使い方もとても簡単。

パン生地を付属のカッターで形に切ったら、1度で4本作ることができる機械の型に入れます。

ediblespoonmaker

ふたを閉めてスイッチを入れたら、3分でほどよく焼けた自家製Edible Spoonの完成です。

家でのパーティなどで役立つこと間違いなし。

ラーメンはスパイシー味、甘いものにはチョコ味で…と、食べるものに合わせて、味を変えて楽しむのも良さそうです。

ediblespoonmaker

今のところ発売時期などの詳細はまだ分かりません。一般にも発売されて、日本でも手に入ると嬉しいですね。
Edible Spoon Maker
http://ediblespoonmaker.com/

キッチングッズ(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会