ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ真のIoT!家族の行動パターンを自動学習するスマートホームデバイス「Sense」に話題集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

技術革新が加速化し、大注目のIoT分野。ここにまた、革新的な製品が加わった。

湾曲した流麗なデザインが特徴のそれは、ホームサポートデバイス「Sense」。多忙な現代家庭を丸ごと援助する、強力かつインテリジェントなプロダクトだ。

・家族の行動パターンを自動学習

機械学習機能を搭載した「Sense」は、家族など、家庭内で認識すべき人物を自動で検知する。セキュリティカメラとしての機能も万全。Bluetoothでスマートフォンと接続し、外出先から映像をライブビューで確認することが可能だ。

加えて、各人の帰宅時間など、日常の行動パターンも記憶。子どもの帰りが遅れているなど、異変があるときは、即座に通知される仕組みだ。

本デバイスはまた、自己学習によって、家族のニーズに基づいて動く機能を備えている。ユーザーの声とジェスチャーを認識し、自分の存在を検出。習慣や好みを理解しながら、自ら習得していく。

気づけばライトの点灯や、室内温度の調整、音楽の再生も思いのまま。数日後にはすべての日課が、自動で代行されているというわけだ。

・アプリの追加で機能拡張も

拡張性の高さも魅力。サードパーティの開発者によって作成されたアプリから、必要なものを次々とインストールすれば、新たな能力が追加される。アイディア次第で、いくらでも生活を便利にすることができるのだ。

開発元がめざしたのは、IoTデバイスにおける“真のスマート化”。

ローカル処理とディープラーニングを利用して接続された画期的なプラットフォームによって、スマートフォンのリモートコントロールなしで、周りのデバイスとつながる強力な利便性を実現した。そのかいあって、クラウドファンディングでの評価も上々。すでに、目標額を上回る資金を達成している。

プロジェクトはKickstarterで、3月17日まで公開。プレオーダーは、249ドル(約2万8,000円)から受け付けている。

Sense/Kickstarter

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP