体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

心に正直に生きた、惹かれ合う女性2人の愛の行方は?

neol201603011

『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットと、『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ。今、旬の2人が共演し、女性同士の愛を描いた映画『キャロル』が公開中。

舞台は、1952年、クリスマス間近のニューヨーク。高級百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズは、恋人のリチャードから結婚を迫られるも、踏み切れずにいた。そんなある日、娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れたキャロルと出会い、エレガントで魅力的な彼女にすっかり魅了されてしまう。その後、とあるきっかけで話を聞くと、キャロルは夫と別居中で、離婚が決まっているという。惹かれ合う2人は、心に正直に生きようと旅に出るのだが――。

テレーズ役を演じたルーニー・マーラは、カンヌ国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞。テレーズとキャロルが下した決断を、見届けて。

キャロル
監督:トッド・ヘインズ
出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー
(2015年/アメリカ)
公開中
(C)NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED
http://carol-movie.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。