ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイカーをとことん自動化!車のための新しいスマートデバイス「Brainiac」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自動ブレーキや自動運転に見られるように、車のオートメーション化が着々と進みつつある昨今。自動車業界の関心も、デジタル化へと向き始めているようだ。

そんな状況に注目していた矢先、発見したのがこの「Brainiac(ブレイニアック)」。

Android上で制作された、車のための新しい中枢コンピューターで、内蔵センサーとOBDII診断データを利用し、車両のオートメーション化を提供する画期的なシステムだ。

・組み合わせ次第で可能性は無限大

自動運転以外のほぼすべてをオートメーション化するのが、「Brainiac」の特徴。有線と無線の組み合わせによって、可能性が無限大に広がるのも面白い。

温度調整やカーステレオの選曲、ライトのスイッチも自由自在。カスタマイズ次第で、自宅の車庫の開閉や、車高の調整も可能だ。

操作は、市販のステレオ・インストールキットを利用した、ダブルディン7インチタッチスクリーンから行う。つまり、ユニットを入れるには、今あるカーステレオを取り外さなければならない。しかし、ステレオ機能は、この中にも組み込まれているわけだから、外しても、特に問題はないだろう。

導入されたユニットは、クラウド同期によって、データを記録していく。自身の車のパフォーマンスと、燃費の統計情報の詳細を得られるようになるのだ。

・価格は699ドルから

何でも対応してくれる「Brainiac」。自動運転車に搭載したら、どうなるか?車内で人間の手を使うことは、完全になくなるのだろうか。それはそれで、寂しい気がしないでもない。

現在、ホームページでプレオーダー受け付け中。価格は、ヘッドユニット・GPSアンテナ・OBDII接続ケーブル・ワイヤーハーネスが含まれた基本セットで、699ドル(約7万8000円)。

Brainiac

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP