ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、ハイレゾやLDAC、Google Cast対応のコンパクトワイヤレススピーカー「h.ear go」を4月17日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 3 月 1 日、同社が CES 2016 で発表したハイレゾ対応製品の中でも世界最小を謳うポータブルワイヤレススピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」の国内発売を発表しました。価格は 27,380 円 + 税で、4 月 16 日に発売されます。h.ear go は、ポップなカラーリングを採用したブロック形状のコンパクトなワイヤレススピーカーです。有線接続の場合にはハイレゾ音源(DSDIFF / DSF / FLAC / WAVAIFF / ALAC)の再生が可能です。この製品は Google Cast for Audio や Spotify Connect、Sony SongPal アプリによるマルチルーム利用、DLNA、LDAC に対応しており、Android でも様々な方法で音楽を楽しめます。特に Google Cast への対応はアプリの利用範囲が拡大するので注目です。本体には 35mm 径のフルレンジススピーカー(12W + 12W 出力)と 2 つのパッシブラジエーターを搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0、NFC のワイヤレス規格にも対応しています。h.ear go はバッテリー駆動にも対応しており、一回のフル充電で 12 時間は使えるとのことです。Source : Sony

■関連記事
スマートフォンから03番号を利用できる新サービス「スマホで03!」が開始
Galaxy S7の新TouchWizの外観を確認できるギャラリー
スマートフォン向けニュースサイト「NHK ニュース & スポーツ」がリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP