ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母親の余命宣告。仕事に生きてきた娘の選んだ道とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞を受賞した『息子の部屋』などで知られる、ナンニ・モレッティ監督の最新作『母よ、』がまもなく公開。

映画監督のマルゲリータは恋人とは別れたばかりで、離婚した夫との娘は反抗期の真っ最中。撮影中の新作映画の現場では、アメリカから到着した主演俳優のバリーと言い争いが続き、ストレスを抱えていた。そんな中、彼女の一番の心配事は、兄のジョヴァンニと共に世話している入院中の母・アーダのこと。ある日、追い打ちをかけるように、母が余命わずかだと宣告されてしまう──。

母親の介護や家族のあり方といったセンシティブなテーマを、真正面から、そして愛嬌たっぷりに描いた本作。人生とは、家族とは……仕事に生きてきたマルゲリータが選んだ道とは? 公開は、3月12日から。

母よ、
監督:ナンニ・モレッティ
出演:マルゲリータ・ブイ、ジョン・タトゥーロ、ナンニ・モレッティ
(2015年/イタリア・フランス)
3月12日(土)Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかにて公開
© Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinéma 2015
http://www.hahayo-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP