ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゲームショウ2011総括「ゲーム業界にインターネットがようやく認められた」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
渡辺氏ら番組出演者が高く評価した携帯ゲーム機PSVita

 ニコニコ生放送『ゲームのじかん』にも出演している作家の渡辺浩弐氏は2011年9月16日、ニコニコ生放送「『東京ゲームショウ2011』よもやまトーク」で、18日まで開催された「東京ゲームショウ2011」を振り返った。渡辺氏はソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「PlayStationVita(PSVita)」について、「『インターネットと生活を繋ごう』というコンセプトをしっかりと打ち出していた」と評し、今回のゲームショウで「ゲーム業界にインターネットがようやく認められた」と語った。

 渡辺氏はゲームに造詣が深い作家で、ゲームや映像ソフトの制作を行う「GTV」の代表取締役でもある。渡辺氏はまず、PSVitaでニコニコ動画やニコニコ生放送が視聴できるアプリ「ニコニコ」について「この参入が大きい」として、

「今ではインターネットとゲームを繋ぐことが当たり前になっているが、ゲームで遊ぶこととインターネットでワイワイ楽しむことの両方を同時にやるというのは、実はニコニコ動画ですでにやっていた。その接点となる巨大なハブとして、PSVitaだけではなく、ゲーム業界全体でニコニコ動画が重要になっていくのではないか」

と語った。

 また、渡辺氏は今回の「東京ゲームショウ 2011」で初出展にして最大規模のブースを構えたグリーが展開する「GREE」をはじめ、SNSサイト上で遊ぶ「ソーシャルゲーム」が隆盛を誇っている点にも触れ、

「PSVitaからは、ソーシャルゲーム的な流れを、ゲーム業界として正面から捉えていこうというソニー・コンピュータエンタテインメントの姿勢が感じられた」

と評価した。

 こうした点を踏まえ、渡辺氏は今回のゲームショウで「ゲーム業界にインターネットがようやく認められた」とし、「ゲームを面白いと思う人が(インターネット上で)『面白い』と言えば、それで商売が成り立って全員が幸せになれるという状況ができた」と総括した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 渡辺氏によるアプリ「ニコニコ」評から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63241382?po=news&ref=news#0:30:36
・[ニコニコチャンネル]ニコニコチャンネルGTV – ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch242

(安田俊亮)

【関連記事】
「PS Vita」発売と同時に26タイトルがリリース 「FFX」や「MGS」のHDリメイクも発表
“ドワンゴの本気” ソニーの新型ゲーム機「PS Vita」でニコ動・ニコ生が視聴可能に
スクエニ和田氏がゲームショウで講演 今後は「ブラウザゲームが中心になっていく」
TOKYO GAME SHOW 2011開幕 コンパニオンたちもブースを盛り上げる
打撃を食らった位置がわかる「電脳防具」、ゲームショウで公開

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。