ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴィンテージ感がステキ!絵の具の代わりにワインで描かれた浮世絵作品が美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セルビアのアーティスト Sanja Jankovicさんの作品が話題を呼んでいます。彼女の画法はなんと絵の具ではなくワインを使用して描かれているんです。

ワインを使用して描かれた作品には有名な日本画・浮世絵を題材にしたものも多数発表されています。

ご存知、葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。

こちらは喜多川歌麿の「高名美人六家撰」より「扇屋花扇」。女性の表情が美しい。

こちらも同じく喜多川歌麿。「姿見七人化粧」より「びん直し」。

10種類ほどのワインを使用して描かれる彼女の作品。ワインはご存知の通りブドウの品種や作られた年代も様々で、それによって色も大きく変わってきます。その特徴を生かしてワインの濃淡で作品を描いているそう。

描かれた作品はどこかレトロなヴィンテージ感あふれる風合いになっているのも特徴ですよね。彼女のFacebookには浮世絵を題材にした作品の他、幅広いジャンルの作品が公開されていますので是非チェックしてみてください。

Winerelle Vinoreli

 

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

葛飾北斎のスケッチ「北斎漫画」展が渋谷ヒカリエにやってきた
いいとこ突くね!浮世絵の中の喫煙具に注目した「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」
日本初公開!浮世絵美人100人集合「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵-美の競艶」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP