ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おひとり様ももう寂しくない! 個食鍋がこんなにも進化していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人たるもの、冬になるとお鍋が恋しくなる。でも、一人暮らしの人間にとって、団らんの象徴ともいえるお鍋は遠い存在。「温まりたい!」と思う一方、寂しい感を煽るようで、何か大変な一線を越えてしまうようで、なかなか踏み切れないものなんです……。

ですが、そんなこじらせた思いを超越するほど、個食鍋が進化していたんです! 豚キムチ鍋、鶏ちゃんこ鍋、さらにはもつ鍋も! コンロにのせるだけと手間いらず。“料理した感”がほとんどないのも、心のダメージを浅くしてくれます(いや、ほぼないですね)。思い切って心のハードルを飛び越えてみるのもアリなのでは。

さっそく、この冬だけで15万個を出荷予定の日本トップフーズさんから3種類の個食鍋を取り寄せ、食べ比べてみました。ちなみに食品スーパーのマルエツ、マミーマート、エコス、カスミ(肉の大久保)などで購入できます。

昨年の大人気商品が今年も! 豚ばらミルフィーユ鍋 (店頭価格:398円)

このお鍋はテレビコマーシャルで今年もよく見かけます。個食鍋でももはや定番のようです。白菜と豚肉をミルフィーユのように幾重にも重ねた鍋ですね。

今回、個食鍋を取り寄せてびっくりしたのが盛り付けのキレイさ! 白と赤のストライプ柄が美しい♪

取り出してみると、野菜不足が心配なお一人様にはうれしいこのボリューム! 直径20cmほどのお皿にギッシリ。野菜を手にとると、野菜の新鮮さがよくわかります! 白菜は葉の部分が黒っぽくなっていたり、黄色っぽく枯れているような部分がよくあるのに、気になるところが見当たりません。ちゃんと、検品してくれているという安心感が(ありがとうございます)。

冷蔵保存で、賞味期限が短いのも納得。作りたてを食べられるようです。

付属のタレを200mlの水に溶かして、鍋に入れ、火にかけます。

中火で6分ほどでしょうか……、いいかんじにグツグツしてきました♪

おいしそ~!! 主張しすぎない上品な塩味

(冷蔵庫に残っている根菜やキノコを入れてもイケそう) スープに白菜の旨みが出ているのか、優しい甘みが 白菜の葉のトロ~リとしたところと、芯の食感、どちらもちゃんと楽しめる 豚肉もしっかり入っているので、満足感UP

(ダシが出てしまった後のオマケみたいなものではなくて、ちゃ~んと食べてる感あり)

これはお子さまから年配の方まで、万人受けしそう。食べ疲れしない味なので、残業後とか病み上がりとか!?作る気力も食べる気力もないときにもおすすめできます。

〆はうどんでいかがでしょうか。(別途、購入をお願いします!)

家にあった胡麻、たたき梅、柚子胡椒、ゆずぽんを薬味に用意してみました。ちょい足ししながら、カスタマイズしてみるのも良いかもしれません。ゴマはいけましたが、ゆずぽんはちょっと強すぎるかも。

家で、一人で、これができるなんて! ホルモンファン待望の国産牛もつ鍋(店頭価格:550円)

お取り寄せなどで自宅でもできるもつ鍋ですが、一人もつ鍋は相当なチャレンジだと思っていました。が、これがあれば、本当にお手軽にできちゃいます。

清潔なパッケージに好感が持てます。

「おおおおおっ!」。こんなに牛もつが! 野菜が!! ミルフィーユ鍋と同じで、キャベツやニラ、長ネギにはハリがあって、鮮度を感じます。これは期待できそう。

作り方は同じです。付属のタレを200mlの水に溶かして、鍋に入れ、火にかけます。

ミルフィーユ鍋より少々長め、中火で8分ほどでしょうか。グツグツしてくると、「これこれ!」と思わせる、食欲をそそる香りが漂い始め、否応なしにテンションが上がります↑↑

あ……ちょっと煮込み過ぎたかも。でも、味は問題ありませんでした。 お店で食べるのと引けをとらない本格的な味 もつはプリっとして、甘みが濃厚 もつの旨みを吸ったキャベツが美味~! スープはあっさりめ

家で食べても、もつ鍋は旨い! という結論。コスパ、手軽さを考えると、ハマりそうな満足度。〆はやっぱり、ちゃんぽん麺でしょうか(別途、購入をお願いします!)。

あのイベリコ豚で!? ちょっと贅沢、イベリコ豚ミルフィーユ鍋塩レモン風味(店頭価格:498円)

定番のミルフィーユ鍋なんですが、こちらはお肉がイベリコ豚にアップグレード!

写真で伝わるか心配ですが、国産豚と比べると豚肉の赤が鮮やか! 美しさが際立ちますね。

ドドンっと、ボリュームたっぷりです。

作り方は、もうお分かりですね。

付属のタレを200mlの水に溶かして、鍋に入れ、火にかけます。レモン果汁は煮込むと香りが飛びそうなので、後入れにしてみました。

調理中の香りは、国産豚と同じです。もつ鍋の後のトライだったので、ちょっと寂しい。

仕上がりも、国産豚とほぼ同じ。並べたら見分ける自信がありません……。お味もまた、難しい結果に。

というのも、国産豚と食べ比べると、 豚肉の食感が違う スープの甘みの感じ方が違う

(国産豚のほうが白菜の甘みが強いような。でもそれは、煮込んだ時間とか白菜の葉と芯のバランスとか、そういう違いによるものなのかもしれないし。あるいは、イベリコ豚の存在感が関わっているのかもしれないし……、酷似しとりました)

つまり、どっちもおいし~~! 選ぶときは気分でOK! くらい、どっちも。

あ、レモン果汁はゆずポンより確かに合いそう。ほんのり爽やかな後味に(入れなくても、もちろんイケます)。

冬になったらお鍋を食べる、そんな当たり前の権利がお一人様にも!

食べたいけれど一人では寂しい、むなしい、なんて敬遠していたお鍋が、こんなにもお手軽に、こんなにもおいしく食べられるなんて。今年の冬は、大いに個食鍋に甘えてみてはいかがでしょう。後片付けが楽なのも、本当にうれしい。

取材協力

株式会社日本トップフーズ

個食鍋は、直接火にかけられる今回紹介したタイプと、電子レンジで「チン!」するだけの「若鳥と白菜のクリームチーズ煮」「若鳥とごろごろ野菜のクリームチーズ煮」なども販売。首都圏ではスーパーマルエツなどで販売中。


書いた人:

近藤由美

1980年生まれ。岐阜県出身。食べることが大好き、作るのはちょっと好きな編集兼ライター。農林水産省「食のオフィシェ」。レストラン紹介MOOKの制作に長く携わり、その間にストックしたレストラン情報はのべ3,000軒以上で、現在も増加中。

関連記事リンク(外部サイト)

ドイツでおでんを作ってみました
この冬、ホックホクにあったまりたい! 都内の絶品おでん屋さんまとめ
どんな食材でも激ウマなタイ料理風にしてしまう“魔法の調味料”の作り方【料理解析】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP