ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、ジオタグが無くても写真の撮影場所を特定できる新プロジェクトをローンチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が AI(人工知能)を用いてジオタグの含まれていない写真でも撮影した場所を特定できるようにする新プロジェクトをローンチしたと、MIT Tech Review が伝えました。一般的に、写真や動画の撮影場所は緯度や経度の位置情報を含むジオタグがないと特定できませんが、これを AI を活用してジオタグ無しの写真でも大まかな場所を特定できるようにしようというのが Google の新しい取り組みです。PlaNet と名付けらえた AI は、写真をピクセル単位に分解して各ピクセルの並びや全体のパターンを学習し、それをライブラリ内にあるジオタグ入りの写真と比較することで撮影場所を特定しようというのです。同プロジェクトは、Google のコンピュータビジョン技術のスペシャリスト Tobias Weyand が率いており、最近行われたテストでは、PlaNet は世界の 9,000 万枚のジオタグ情報を蓄積した状態で、230 万枚のジオタグ無し写真の場所を検索したところ、28.4% の写真について国を特定でき、48% は大陸を特定できたそうです。精度はまだまだ低いように思えますが、PlaNet の進化によって徐々に精度は上がり、数年後には実用的なものになると予想されます。Source : MIT Tech Review

■関連記事
Samsung、主力モデルに2月のセキュリティアップデートを配信開始
Chrome Dev 50では履歴データを期間指定して削除可能に
Google、AndroidのCMで使ったモノトーンピアノ曲のアルバムを無料配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP