ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ、8年ぶりの新作と共に初の単独来日公演が決定。 マイルズ・ケインが語る来日公演の内容とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アークティック・モンキーズのフロントマン、アレックス・ターナーと元ザ・ラスカルズのマイルズ・ケインによる夢のロックンロール・ユニット、 ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ。
来る4月1日(金)に約8年ぶりとなる待望の新作『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』を世界同時リリースすることがすでに発表さ れているが、なんとリリース直後となる4月27 日(水)に新木場スタジオコーストにて、急遽来日公演が行なわれることが決定。

それぞれのバンドでの来日経験はあるものの、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツとしての来日はこれまで実現していなかった。
各々多忙を極めるメンバーで結成されているだけに、今作のツアーも本国、北米、ヨーロッパを除けば決定しているのはメキシコ1公演のみ。
そんな限られたスケジュールの中実施される貴重な来日公演、1夜のみのプレミアム・ライブとなることは間違いなさそうだ。

来日に際し、メンバーのマイルズ・ケインは次のようにコメントしている。
「これまで君たちが体験した中で最高のショーになる! 素晴らしいバンドを連れて行くから、すごく楽しいものになるよ。早く新曲を披露したい。もちろん、古い曲もやるよ。とにかく最強のものになるさ」。

前作に引き続き今作でもシミアン・モバイル・ディスコのジェイムス・フォードをプロデューサーに起用。
そしてストリングスをオーウェン・パレット、ベースをアレックスと親交の深いミニ・マンションズのザック・ドーズが担当。今回の来日公演にオーウェンやザックが同行するかは定かではないが、いずれにせよマイルズが語るように最高の夜になることは間違いないだろう。チケットの一般発売は3月12日(土)スタートとなるので、お見逃しなく!

———————
ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ「Bad Habits」のミュージック・ビデオはこちら:

———————

■来日情報
東京 4月27 日(水) 新木場スタジオコースト
OPEN 18:30 / START 19:30
TICKET オールスタンディング ¥7,000(税込/別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:3/12 (土) <問>クリエイティブマン 03-3499-6669
協力:Hostess Entertainment
制作・招聘:クリエイティブマン


The Last Shadow Puppets(ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ)
『Everything You’ve Come To Expect(エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト)』
(Domino / Hostess)
2016年4月1日(金) (世界同時発売)
2,490円+税
※日本盤は40ページに及ぶエクスクルーシヴ写真を含むハードブック仕様。ボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付

<トラックリスト>
1. Aviation
2. Miracle Aligner
3. Dracula Teeth
4. Everything  You’ve Come To Expect
5. The Element Of Surprise
6. Bad Habits
7. Sweet Dreams, TN
8. Used To Be My Girl
9. She Does The Woods
10. Pattern
11. The Dream Synopsis
12. The Bourne Identity*
*日本盤ボーナストラック

※先行シングル「Bad Habits」配信中&最新アルバム『Everything You’ve Come To Expect』予約受付中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/everything-youve-come-to-expect/id1076484863?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

■バイオグラフィー
06年に発表したデビュー作が100万枚のヒットを記録したイギリスのバンド、アークティック・モンキーズのフロントマンであるアレックス・ター ナー(vo、g)と、ザ・ラスカルズとして活躍したマイルズ・ケイン(vo、g)によるユニット。07年夏、本格的に活動を開始すると08年4 月、ファースト・アルバム『ジ・エイジ・オブ・ジ・アンダーステイトメント』を発表。デビュー作にも関わらず全英1位を獲得。現代の若者2名がつ くったとは思えない、スコット・ウォーカーをはじめとする70年代のポップスに影響を受けたシアトリカルなサウンドは大きな話題となった。あれか ら早8年、そんな彼らが2作目となる『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』を完成させた。そしてリリース直後には初の来日公演が決定した。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP