ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

京大・小出助教、放射能汚染食品は「世代で分担して食べるしかない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
小出裕章氏

 東日本大震災以前から、原発の危険性について一貫して強い主張を行っている小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)が、2011年9月13日のニコ生ニュース特番「小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融」に出演。福島第1原発事故以降、東北地方をはじめ、全国から世界規模へと広がってしまった放射能汚染について、独自の理論を語るとともに、視聴者との討論や意見交換を行った。

 現在も広がり続けている、放射性物質による農作物、海産物などの食品汚染について、小出氏は独自の「汚染食品R指定(10禁~60禁)」論を展開。原子力を選択した責任のない、放射線への感受性が強い子供には低放射線量の食品を、原子力政策を許してきた大人、放射線感受性が弱い高齢者には高放射線量の食品を、「分担して」食べさせるべきだと主張している。

 これに異を唱えた、今回の討論相手である森啓太郎氏(子どもを放射能から守る全国ネットワーク)から、

「(汚染食品R指定は)理論的には正しいと仮定しても、たとえリスクが低いとしても、自分の親やお年寄りに汚染食品を食べさせられるのか?」

と問われると、小出氏は「(国が決めた基準以下であろうと、食品は)全部、汚れている。世界中が汚れている。程度の差がどれだけかでしかない。否応なく汚染したものを食べるしかない」とした上で、

「本心を言えば誰にも(汚染食品を)食べさせたくはない。でも、すでに汚れている。汚れている食料を捨てるのか、捨てないのか。私は(一次産業を守るために)捨ててはいけないと言っている。捨てないとすれば誰が食べるべきなのか、その選択しかもうない。年寄りから選ぶしかない」

と、改めて自身の考えを述べ、世代による分担を主張した。

 会場の聴衆やニコニコ生放送視聴者からの質疑応答もあり、小出氏は終始、今回の原発事故の責任は東京電力と政府、ひいては「原子力行政にダマされた」人々にも責任があると述べた。また汚染食品の全量検査について質問が及ぶと、「全量検査は不可能だと思うが、東京電力の責任でやらせるべき」と答え、事故の第一義的な責任を持つ東京電力に対して、強い憤りをあらわにする場面もあった。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「小出氏と森氏の討論」部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62917682?po=news&ref=news#1:02:16

(内田智隆)

【関連記事】
武田教授の「東北の野菜は健康を害す」発言に一関市長が抗議のメール
東電の原発事故時手順書の”黒塗り”問題、枝野経産相「納得できる説明受けていない」
枝野氏、経産相に就任 「自主避難も賠償 東電に指導」発言は「基本的に変わっていない」
鉢呂前経産相、被災地のため一議員として活動へ「除染作業が一番の大きな柱。金の問題ではない」
「放射能汚染」懸念、日本赴任を拒む外交官 「風評被害対策を強化」と玄葉外相

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。