ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープが鴻海精密工業による買収案を受け入る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープは 2 月 25 日、本日行われた同社の臨時取締役会において、先日より報じられていた鴻海精密工業(Hon Hai)による買収案に対して全会一致で受け入れることを決定しました。シャープの再建については、各メディアでの報道の通り、当初は、官民が出資している産業革新機構の再建案で話しが進むはずだと見られていました。しかし、本月上旬になってシャープの買収に意欲的な鴻海は、産業革新機構案の提示額を大幅に上回る 7,000 億円規模の出資に加えて、全役員の留任という条件を提示したと報じられ、ここにきてシャープは従来の案から鴻海案に乗り換え、鴻海の完全子会社になるのではないかと見られていました。買収によって、シャープの技術が台湾を経由して中国へと流出することが予想されています。発表によると、シャープは第三者割当による新株の発行を鴻海、ならびにその子会社 3 社に対して行う方法で出資を受けますが、資金の出どころは明らかにされていません。そして、今後は関係当局の承認と株主総会での決議によって買収が最終決定されることになります。Source : シャープ

■関連記事
Xperia X風のホーム画面を再現したテーマアプリが公開
Android版Gmailがv6.0にバージョンアップ
ノジマ、Micro USBなのにリバーシブルなUSBケーブル「EFS-EMU」シリーズを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP