ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「アップタウン・ファンク」、グラミー効果で約10か月振りの首位!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週から1つ順位を上げて、約10か月振りにBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”でマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が首位を獲得した。

 「アップタウン・ファンク~」は、【第58回グラミー賞】の受賞の影響で、エアプレイが急伸しこの部門1位に。さらにダウンロードでも1位、動画再生回数でも2位に入り、2015年4月13日付“Hot Overseas”以来の1位に輝いた。そして、先週1位のウィズ・カリファfeat. チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」は、ワンランクダウンして2位。Twitterと動画再生回数は、引き続き好調を維持しているが、その他の指標で「アップタウン・ファンク~」に差をつけられてしまった。

 その他【グラミー賞】関係のアーティストが目立つ中、今週初登場で16位に入ったのがプライマル・スクリーム『ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン』。この曲は、プライマル・スクリームが3月16日にリリースする新アルバム『カオスモシス』からの先行シングルで、エアプレイで大きくポイントを稼ぎチャートインを果たした。今後、リリース日が近づくにつれ、他の指標も伸びてくると予想される。

関連記事リンク(外部サイト)

2月29日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
手嶌葵「明日への手紙」、こぶしファクトリーを押さえビルボード総合首位に
ももクロ、2枚同時リリースALが総合アルバムでも1位・2位独占!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP