ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行列店の絶品牛カツ500円!4年に一度の肉の日【2月29日】限定イベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

奇跡の肉フェス!

京都で知らない人はいない!? ともいわれる有名行列店、「京都勝牛」。京の割烹をベースに織りなす「和の牛カツ」が大人気で、連日多くの人で賑わっています。


(C)PR TIMES/ゴリップ

そんな「京都勝牛」が3月1日、ついに渋谷道玄坂に進出! 新規オープンに伴い、前日の2月29日に特別イベントを実施します。

今年は4年に1度のうるう年。めったに訪れない2月29日(肉の日)を記念し、なんとワンコインの500円で看板メニューの「牛ロースカツ膳」がいただけるのです! 

牛の美味しさを最大限に引き出す揚げテク

京都勝牛の牛カツは、揚げ時間がたったの60秒。さっと油にくぐらせる程度で仕上げるので、揚げ物特有のくどさとは無縁のお味です。


(C)PR TIMES/ゴリップ

この特別な調理法が可能なのは、言うまでもなく、お肉の質・鮮度に自信があるからにほかなりません。サクッと包丁で切り分ければ、中はミディアムレアな状態の、ジューシーな赤身が顔をのぞかせます。一口食べれば、肉汁が口の中にあふれ出て、恍惚の境地に・・・!

肉厚な食感、ふくよかな牛の旨み、鼻を抜ける衣の香ばしさ。その味わいは、高温の油でさっと作るからこそ生まれるもの。ローストビーフやステーキとはまた異なる、新しい牛の味わいに、誰もが新鮮な驚きと感動を覚えるでしょう。

多彩なソースで最後まで美味しい!

まず一口目は、わさび醤油でいただくのがオススメです。ダイレクトに伝わるお肉の美味しさを、まずはしっかり味わってみてください。肉の旨みを倍増してくれるわさびの風味、醤油の妙技に、心の中で拍手をおくりたくなります。


(C)PR TIMES/ゴリップ

次に、山椒塩や特製ソース、和風カレーつけ汁など、お好みの味にチャレンジしてみましょう。ソースによって牛カツの味わいがガラリと変わるので、最後まで新鮮な気分で食べられそうです。

さらに通は、特製だし醤油の効いた半熟たまごに付けていただくのだとか。黄身のコクがプラスされ、脳にがつんと響く美味しさです。麦ごはんとの相性もばっちりで、一度食べれば病みつきになるというのも頷けます。


(C)PR TIMES/ゴリップ

ワンコインの肉フェスは、2/29(月)の一日限定のシークレットイベントとして開催されます。通常1280円(税抜き)の牛ロースカツ膳[130g]が、なんと半額以下の500円(税抜き)でいただけます!

場所は渋谷区道玄坂1-19-14センチュリー渋谷B1F「京都勝牛 渋谷道玄坂」にて、時刻は11時から14時まで、200食限定となっています。なくなり次第終了となりますので、食べたい人はどうぞお早めに!

[PR TIMES]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP