ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スクエニ和田氏がゲームショウで講演 今後は「ブラウザゲームが中心になっていく」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「東京ゲームショウ2011」が開幕

 ゲームメーカー・「スクウェア・エニックス」の代表取締役社長で、一般社団法人CESAの会長を務める和田洋一氏は2011年9月15日、国内最大級のゲームイベント「TOKYO GAME SHOW 2011」で基調講演を行った。「ゲーム産業革命の本質」と題されたこの講演で和田氏は、ゲーム産業について「今後も拡大していく」との見通しを示し、そのプラットフォームについては「ブラウザ、クラウドになっていく」と語った。

 この講演は15日から18日まで千葉・幕張メッセで開催される「TOKYO GAME SHOW 2011」でのもの。和田氏は、多くのゲームメーカーが名を連ねるCESA(コンピュータエンターテインメント協会)の会長を務めている。

 和田氏によると、アーケード(ゲームセンター)から始まった日本のゲーム産業は当初、「1ゲーム=1マシン」であったものが、”ファミコン”など家庭用ゲーム機の登場で「複数ゲーム対1マシン」の構図ができた。さらに、PlayStation2などDVD再生機能を備えたマシンが発売され、携帯電話やスマートフォンでもゲームができるようになると、「ゲームそのものに対する固有の投資が減り」、それに比例して「市場が拡大している」という。つまり、相対的に安価でゲームを遊べる環境が整うのにつれてゲーム市場は大きくなるというのだ。

 これを踏まえた上で和田氏は、「今後は(ゲームのプラットフォームが)ブラウザやクラウドになっていく」との考えを示した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]東京ゲームショウ2011 ビジネスデイ初日”超”生中継! <ゲームの電撃チャンネル> – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv63179987?po=news&ref=news

(土井大輔)

【関連記事】
「PS Vita」発売と同時に26タイトルがリリース 「FFX」や「MGS」のHDリメイクも発表
“ドワンゴの本気” ソニーの新型ゲーム機「PS Vita」でニコ動・ニコ生が視聴可能に
「PS Vita」発売日は12月17日、3G回線のキャリアはNTTドコモ
ニンテンドー3DS『モンスターハンター4』発表
“残念な”エントリーシートは即「さよなら」 ゲームメーカー採用担当の就職指南

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。