ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで宝石箱!あの和食の名店で知られる「うかい」の和を感じる洋菓子がとびきりステキ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芝の名店「とうふ屋うかい」をはじめとした、和食の名店で知られる「うかい」。そのうかいグループに洋菓子店があるのをご存知ですか?

その洋菓子店は「アトリエうかい」。もともと高級鉄板料理の「うかい亭」で、コース料理の最後にワゴンで提供していたデザートから端を発したアトリエうかいのお菓子は、うかいの「旬の食材を最も美味しく提供する」というモットーをそのままにひとつひとつ丁寧に作られた逸品ばかり。

子供のころにあこがれた洋食のような、どこか和の雰囲気も感じられる品々は、間違いのない贈答品としてもぴったりです。


フレッシュなゼリーなどの生菓子やシンプルながら味わい深い焼き菓子も人気ですが、おすすめは色とりどりのクッキーを詰め合わせた「フールセック」。

中でも、甘くない塩味のクッキーを詰め合わせた「フールセック・サレ缶」は、ローストオニオンの香りが食欲をそそる’ローストオニオン&サラワクペッパーサブレ’や、ごぼうの香りとアーモンドの食感が楽しい’ごぼう糖衣がけアーモンド’、トマトピュレをたっぷり使った’トマトメレンゲ’など、どれもこれも一度は味わってみたいものばかり。

甘いものが苦手な方への贈り物だけでなく、ワイン会や食事会の際の気の利いた差し入れとしても喜ばれそうです。

また、和食店で知られるうかいならではの和のブランド「菓子よろし」も見逃せません。おめでたい紅白のクッキーや、山葵やチーズ、黒胡麻七味を使用したお酒に合う味わいを詰め合わせたふきよせなど、こちらもぜひ一度は試したいものですね。

購入はたまプラーザ「アトリエうかい」と、オンラインショップの他、「フールセック」はうかいの洋食店で、「菓子よろし」の商品はうかいの和食店でも購入できます。

様々なシーンで手土産に悩むことは思いがけずあるもの。
定番のお菓子だけでなく、こんな逸品を一つ覚えておくと色々なシーンで自慢できそうです。

アトリエうかい オンラインショップ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

蒔絵が施されたバレンタインチョコレート。1粒 2,000円なり
復興支援コンペ入賞作品、宮城県産の東北杉を使った「和柄コースター」
美味しい確定でしょ!伊藤久右衛門のバレンタイン和スイーツ「宇治抹茶苺とりゅふ お茶苺さん」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP