ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モグワイ、エディターズ、スロウダイヴのメンバーが集結したバンド、マイナー・ビクトリーズがデビュー! 新曲のMVが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェル、エディターズのジャスティン・ロッキー、モグワイのスチュアート・ブレイスウェイト、そしてジャスティンの兄
弟でフィルム・メイカーのジェイムス・ロッキー(Hand Held Cine Club)で結成されたバンド、その名もマイナー・ビクトリーズが、6/3にセルフ・タイト
ル・アルバムをリリースすることがわかった。
昨年夏にその存在が明らかになって以来、ティーザー映像やインタビュー発言を通して、アルバムの制作を匂わしてきた彼らが、ついに待望のデ ビュー・アル
バムを完成させた。最終的にはエディターズのジャスティン・ロッキーが指揮をとったのは事実だが、この結成が実現した裏には、もともと存在した軽い面識、相互関係、 そし
て予期せぬ偶然などがあった。自由さ、速効性、そして数々の素晴らしいアイディアの交換。ほぼ4人全員が集結することなしに制作やレコーディングが実施
されたこと。それは、いかに個々の優れた人材で結成されたグループ というのは、常識にとらわれることなく成り立つということを証明している。
USとUKの様々な場所から集められた彼らの音楽テイストは、これまでそれぞれのメンバーが各自の活動で持ち合わせていたビジョンを打ち破って、 新たなサウンドへと足を踏み入れている。そう、それがマイナー・ビクトリーズが放つ世界観なのだ。
アルバムには、間もなく来日公演を控えるUSインディー・ロック界の重鎮、サン・キル・ムーンことマーク・コズレックとレイチェルによるデュエッ トや、
スコットランドのシューゲイザー/ドリーム・ポップバンド、トワイライト・サッドのシンガー、ジェームズ・グラハムとのコラボレーションな どが含まれる。早速シングル「A Hundred Ropes」のビデオが公開に。ワンテイクで10秒間鎧武者達をスローモーション撮影した映像を使用して作成されたこちらのビデオについて、製作者でもあ りバンド・メンバーでもあるのジェイムス・ロッキーは、「無限級数の映像を撮るということは、普段目に入ることのないものを、身近のものを使って 見事なものに仕上げるということ」と語っている。最強選りすぐりメンバーによって結成されたスーパー・バンドがおさめるのは、“マイナー・ビクトリーズ(小さなの勝利)”どころか大勝である予感さえす
る。今後の活動が楽しみだ。—————————–
「A Hundred Ropes」のミュージック・ビデオはこちらから:

—————————–

■リリース情報


Minor Victories(マイナー・ビクトリーズ)

『Minor Victories(マイナー・ビクトリーズ)』
海外発売日: 2016年6月3日(金)
(Hostess Entertainment)
日本盤詳細は後日発表<トラックリスト>
1.Give Up The Ghost
2.A Hundred Ropes
3.Breaking My Light
4.Scattered Ashes (Song for Richard)
5.Folk Arp
6.Cogs
7.For You Always
8.Out To Sea
9.The Thief
10.Higher Hopes■ショート・バイオ
スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェル、エディターズのジャスティン・ロッキー、モグワイのスチュアート・ブレイスウェイト、そしてジャスティンの兄弟
でフィルム・メイカーのジェイムス・ロッキー(Hand Held Cine Club)で結成されたバンド。2015年夏にその存在が明らかになり、アルバム制作がスタート。
2016年6月、サ ン・キル・ムーンやトワイライト・サッドらが参加したセルフ・タイトル・アルバムでデビューが決定。リリース前の5月にはロンドン公演も決
定している。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP