ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エプソン、スマートグラス“MOVERIO”の新モデル「BT-300」を発表、OLEDディスプレイやAndroid 5.1を採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エプソンは 2 月 23 日、Android ベースのスマートグラス「MOVERIO」シリーズの第 3 世代モデルとなる「BT-300」を発表しました。約 2 年ぶりに発表された「BT-200」では、エプソン独自開発のシリコン OLED ディスプレイを採用したことで、ヘッドセット部分の小型と軽量化(BT-200 比 20%)を実現。また、OS を Android 5.1 にアップデートしておりアプリの対応を改善しています。基本的なスペックの底上げも行われた模様です。MOVERIO では、シースルータイプのディスプレイを採用しており、メガネのように装着して利用することで、WEB ページを閲覧したり、動画を視聴しながら、ディスプレイ越しに外の風景も見ることができます。BT-300 では重要なディスプレイに OLED(有機 EL)を採用したことで、輝度とコントラストが従来の液晶から向上しました。また、解像度も従来の qHD から HD に向上しており、表示がより鮮明になっています。このほか、Intel Atom X5 1.44GHz クアッドコアプロセッサ、500 万画素カメラ、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth Smart、GPS、ジャイロスコープ、加速度センサー、コンパスも搭載しています。BT-300 の発売時期は 2016 年秋です。Source : エプソン

■関連記事
NTTドコモ、カメラを搭載しないAndroidフィーチャーフォン「SH-03H」を法人向け2月26日に発売
Sony Mobile、Android 6.0版Concept for Xperiaのアップデート版(3536)をリリース
MS ContinuumやMHL接続をサポートした14.1インチのノートPC型ドック「NexDock」がIndieGoGoで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP