ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【サイパン島】現地在住者が教える絶景ポイント「ラダービーチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】

年が明けると海鳥たちの繁殖時期が始まる。サイパン島でバードウォッチングといえば、島の北部にあるバードアイランドだが、南部にも最適なポイントが空港のすぐ近くにある。

空港のフェンス沿いに進んだ先に突然、ビーチへの下り口が示されていた。

木立の中を進んで行くと、戦時中の名残が佇んでいる。ここまで来ればビーチはもうすぐだ。

ガタガタ道を進んだ先はプライベート感あふれる小さな入り江が開けた。このビーチは白砂とサンゴ礫で敷き詰められている。対岸は同じ北マリアナ諸島のテニアン島。

ビーチは崖下に広がっており、パーキングから階段を利用する。階段は一段一段が高めなので、手すりにつかまり、ゆっくり降りて行こう。

サンゴ礫が敷き詰められたビーチの先には、巨岩が日陰を作っており、干潮時には波が立っている所まで歩いて行ける。その先は外洋だ。ところで巨岩と思われたものは、波の浸食を受けて出来上がった風景だった。

切り立った崖は海鳥たちの営巣地となっている。子育て中は特に親鳥たちも含め静かに見守ってほしい。

ここで観られる海鳥の多くがシロアジサシやクロアジサシだが、やはりシラオネッタイチョウの優雅な飛翔はダントツで美しい。

注意点としては、セキュリティもライフガードもいないビーチなので、波の高い時や満潮時、この先には決して出ないこと。

崖下にあるの洞窟内では週末、ローカルたちが持ち寄った材料でB.B.Q.ランチを楽しんでいる。また最近はウェディング撮影にも人気あり、ドレスとタキシード姿を頻繁に見かけるようになった。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP