ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今週公開のコワイ映画】2016/2/19号:未体験ゾーンの映画たち『血まみれスケバンチェーンソー』『エイリネイト-侵略地区-』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今週公開の怖い映画をご紹介します。

今週は、ヒューマントラストシネマ渋谷『未体験ゾーンの映画たち2016』より2作品公開。
まずは三家本礼先生の漫画を原作にしたハチャメチャスプラッター『血まみれスケバンチェーンソー』。大変可愛らしい内田理央さんが、ふんどしと下駄でセーラー服を着てチェーンソーをぶん回すという飛び抜けた個性しかない強烈なヒロインを演じております。強制的に性転換させられた忍者・怨憎(うらむ・にくむ、と書いてハンゾウ)を見目麗しい俳優・玉城裕規さんが演じているのも注目でございます。
そして、先日ホラー通信でご紹介した『エイリネイト-侵略地区-』[リンク]も週明け火曜日より公開。『未体験ゾーン』上映作品の侵略モノは、この作品以外にも『スナッチャーズ・フィーバー』[リンク]という作品がございましたが、また違った趣の内容になっていますので是非その違いをお楽しみください。どちらの作品もオンラインでの上映がございますッ!

それでは今週もいってらっしゃい!

予告編とリンクが表示されない方はこちら

未体験ゾーンの映画たち2016 公開作品

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル梅田(上映時期ズレあり)
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016[リンク]
※限定回数の上映となるため、公式サイトにて上映日時をお確かめ下さい。

『血まみれスケバンチェーンソー』  2月20日公開

<ストーリー>
解体屋の娘に生まれ、天涯孤独に生きる正真正銘の無頼派スケバンの鋸村ギーコは、うぐいす学園に通う女学生である。その同級生には碧井ネロという少女がおり、ネロはその破天荒な言動により周囲から拒絶され孤立をしていた。ネロは孤独であったが、その天才的なマッド・サイエンティストとしての能力を活かし、クラスメイトを次々に改造していき自らの帝国を築きつつあった。
ある日、ギーコが追試を受けようと学校へ向かっていた、その時。突如ネロの刺客である爆谷さゆりがギーコに襲いかかってくる。家業で培ったチェーンソーの技を駆使して間一髪、爆谷を撃退したギーコ。一難去ってまた一難。今度は怨憎(ハンゾウ)率いる忍者部一同がギーコに襲いかかる。リーダーの怨憎は、もともと女学生であったネロに性別すらも変えられていた。その姿を見て腹を抱えて爆笑するギーコだが、性別も能力もパワーアップした怨憎に苦戦。そんな中、忍者部戦によって自慢のチェーンソーが壊れてしまいギーコは……

次々に襲いかかるネロの刺客たち!荒れ狂う学校!果たしてギーコは無事追試を受けられるのか!? なんのこっちゃよく分からない!ハチャメチャな次世代エンターテインメントがここに誕生した!

『エイリネイト -侵略地区-』 2月23日公開

<ストーリー>
デヴィット(ブレイク・ウェッブ)は妻エイミー(テイタム・ラングドン)と冷め切った結婚生活を送っていた。エイミーとの距離を置くためにデヴィットはデンバーに出張に出かける。そんな中、原因不明の飛行機墜落事故がアメリカ各地で連続して発生し、甚大な被害が出る。それは地球を侵略しようとする何者かによって引き起こされたものだった。侵略者は狡猾な方法で確実に住民達を始末していく。見えない脅威に逃げ惑う人々。果たして彼らの目的とは一体何なのか—?

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP