ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エンニオ・モリコーネ、ハリウッドの星形プレートにその名が刻まれることに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アカデミー賞受賞作曲家のエンニオ・モリコーネが2月26日、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2,574個目の星型プレートにその名が刻まれることになった。ハリウッド・リポーターが伝えている。ライブ・パフォーマンス/演劇のカテゴリーで栄誉を授かるという。

 ハリウッド大通り7065番地に刻まれるモリコーネの星の除幕式には、映画『ヘイトフル・エイト』監督のクエンティン・タランティーノ、プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン、そして【Los Angeles, Italia Film, Fashion and Art Fest】の創設者であるパスカル・ヴィーチェドミニが立ち会うとのこと。2月21日~27日開催の同フェスでもモリコーネを表彰する予定だ。

 ヨーロッパからあまり出ることのないモリコーネだが、『ヘイトフル・エイト』で作曲賞にノミネートされている【アカデミー賞】授賞式へ出席するために滞在を予定しているとのこと。モリコーネはすでに、同映画スコアでゴールデングローブ賞と英国アカデミー賞を受賞している。

 87歳のモリコーネは現代の最も多作な作曲家のひとりであり、その70年を超えるキャリアで7,000万枚以上のレコード・セールスを記録。クラシック作品は100を超え、映画やテレビ用のスコアは500作品を手掛けている。

 なかでも良く知られる映画スコアは、セルジオ・レオーネ監督の“ドル箱三部作”と呼ばれる『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン』をはじめ、『アルジェの戦い』、『死刑台のメロディ』、『ニュー・シネマ・パラダイス』、『海の上のピアニスト』、『アンタッチャブル』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、『ミッション』などだ。

 映画『続・夕陽のガンマン』のサウンドトラックは、2009年にグラミー殿堂賞入りしている。モリコーネはこれまで【アカデミー賞】に7回ノミネートされ、アカデミー名誉賞を1回、ゴールデングローブ賞を3回、イタリアのナストロ・ダルジェント賞を8回、グラミー賞を1回、英国アカデミー賞を5回、イタリアのダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を7回受賞している。

関連記事リンク(外部サイト)

グラミー20冠を誇るカリスマ・ギタリスト=パット・メセニー、最新プロジェクトによるワールド・プレミア公演を2016年5月に開催
パリに戻ってきたイーグルス・オブ・デス・メタル、フロントマンが思いを語る
ジャスティン・ビーバー、夢を語った2010年のツイートが出まわる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP