ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

完全ハンズフリー!スマートグローブの指をタップするだけで、スマホの受話や音楽再生、カメラ撮影が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テキサスのスタートアップBearTekが開発している「BearTek Gen II」というスマートグローブが便利そうだ。

ランナー、自転車やバイク乗り、ウィンタースポーツを楽しむ人など、アウトドア派の人必見のスマートグローブである。

スマートフォンが欠かせない現代人ではあるが、運動や運転中にスマートフォンを操作することは難しいし危険が伴う。

できればハンズフリーで操作したいものだが、「BearTek Gen II」を使えば、ポケットにスマートフォンを入れたまま、グローブをタップするだけで機能を使えるようになる。

・カスタマイズ可能な6つのタッチポイント

「BearTek Gen II」は、Bluetoothを通じてスマートフォンと同期する。グローブの各指には、6つのタッチポイントが設置されていて、親指でタップすることで指令を作動させる。

6つのタッチポイントは好きなようにカスタマイズが可能で、例えば“人差し指1番”には“再生、一時停止”、“人差し指2番”には“スキップ、早送り”、“中指2番”には“ボリュームダウン”といった具合。

・受話、カメラ撮影も1タップで

“電話モード”“カメラモード”の切り替えもスムーズにできるので、用途に応じてチェンジしよう。ボイスコマンドで電話を受話したり、写真を撮影したり、1タップでソーシャルメディアへアクセスできるように設定するなど、自分のスタイルに合った使い方ができる。

・開発用キットも用意

さらに、チームでは開発用キットを用意しているので、他の開発者がグローブにさらなる改良を施すこともでき、使い方の幅は無限に広がる可能性を秘めている。

ハンズフリーで操作可能になるメリットに加えて、もちろん、アウトドア用のグローブとして、風や水に強い仕様なので安心して日常使いできそうだ。

現在、クラウドファンディングIndiegogoで出資を受け付けている「BearTek Gen II」。プレオーダー価格は超早割99ドル~だが、最安値分は早くも売り切れという注目ぶりだ。

BearTek Gen II

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP