体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleの提供する広告ネットワーク『AdMob』はスマートフォンアプリ開発者の救世主となるのか?

先日、 グーグルのキム・チョンサ氏の「AdMob で実現する無料アプリの収益化」という講演を聞く機会がありました。

急成長しているスマートフォンのアプリ業界において、企業はもちろんですが個人の開発者も素晴らしいアプリを開発しています。ただ個人では開発費やサーバー管理費など、どうしても資金の問題で開発を続けていくことが難しくなっていく場合があります。そんな時、自分が開発したアプリから収益をあげることができれば、さらに素晴らしいアプリが提供される可能性も出てきます。

今回のキム氏の講演は、人気アプリ開発や、アプリから収益を上げるヒントや事例が解説されており、スマートフォンアプリ開発者の悩みを解決するかもしれません。

日本のスマートフォン/アプリ環境

2011年7月末現在、日本では1億2000万台を超える携帯電話が利用されていて、そのうち約2000万台がスマートフォンとなっています。また、2014年には日本の携帯電話の過半数がスマートフォンになると予測されています。スマートフォン用のアプリマーケットも急拡大し、『App Store』(iPhone向けアプリマーケット)では42.5万本、『Android Market』では25万本のアプリが提供されています。

ただし無料アプリのダウンロード数は増加しているものの、有料アプリのダウンロード数は減少傾向となっており、そのため無料ユーザー層からの収益化(フリーミアムモデル)の構築を進めていかないと、今後アプリを収益源とするビジネスモデルは厳しい環境になると予想されます。

スマートフォンアプリで成功するためのポイント

1.コンテンツ内容をとことん考え抜く
適当に開発を始めてしまうと、余計にリソースが必要になったり、コスト高になったりする場合があります。アプリを開発する前に、マーケティング方法、ブランディングの方針、マネタイズの手法を充分に練っておくことが必要。

2.ユーザー目線でターゲット定義
43%のユーザーがアプリマーケットのRecommend(おすすめ)等で新たにアプリを発見してダウンロードしています。ダウンロードされやすいタイトル、アイコン、説明文を練り、満足できるダウンロード数値になるまで一つ一つテストを行う事が重要です。それでもダウンロード数が伸びない場合は、そもそもユーザーの嗜好とマッチしていないことが考えられます。

3.ソーシャル、バズのマネジメント
37%のユーザーが知り合いの紹介でアプリをダウンロードしています。『Facebook』や『Twitter』などのソーシャルメディアとの連携も重要で、ただ単に口コミを巻き起こすのではなく、ユーザーの要望をこまめにフォローする必要があります。『Angry Birds』(2009年12月に販売され、世界中で大ヒットしたアクションパズルゲーム)の『Twitter』は、ユーザーのコメントに逐一返信しており、満足度を上げています。

4.一つのアプリに頼らない
別のアプリマーケットに展開、スピンオフ作品の作成、別のアプリを作成。これらを活用し、収益のポートフォリオを組成することが重要です。自分の売れているアプリに広告やリンクを掲載し、クロスプロモーションを仕掛ける(ヒットアプリのトラフィックを利用し、新規アプリのダウンロードを促す)ことも必要です。

アクティブユーザーを増やすための工夫

無料(広告)モデルの場合は毎月のダウンロード数に収益は比例せず、アクティブユーザー数に比例するためファンを増やしていくことが重要になってきます。そのため、いかにユーザーにアプリを使ってもらうかの戦略が重要になります。

1.コンテンツ
配信頻度を増やす、内容を特化するなど、コアユーザーに何度も利用してもらえるような仕組みにする。

2.報酬・エンゲージメント
このサイトに来たら役に立つ、ワクワク感を提供してもらえる。
例) 『foursquare』 一つの場所にたくさんチェックインするとメイヤー(市長)の称号が貰える。

3.アップデート
大きな変更をする必要はない。細やかに、頻度を増やす。
例) 『Paper Toss』 背景を変える、距離を変える、風向きを変えるなど。

成功する広告配置/運用のポイント

1.広告をはっきり表示する

2.ユーザーの導線を意識して配置する
ユーザーの使い勝手を下げない。クリックしやすい位置にだますように配置しても、使い勝手が悪くなる→ユーザーが不満→アクセス減少→結果的に収益減少となる恐れがあります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。