ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

玄葉外相、日中間の誤解を生じさせないための「危機管理メカニズムを」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
玄葉光一郎外相

  玄葉光一郎外相は2011年9月6日午後の記者会見で、昨年9月の尖閣諸島沖での中国船衝突事件から丸1年を迎える日中関係について、「誤解を生じさせないための、重層的な危機管理メカニズムを構築できないかと考えている」と述べた。また、ことし8月24日に尖閣諸島の周辺海域で中国の漁業監視船2隻が領海侵入したことについては、「極めて遺憾な事態だ」と発言。その上で、玄葉外相は「中国も含めてしっかり国際的なルールを作り、かつそれを遵守する形を作り上げていかなければいけない」と語った。

 尖閣諸島沖での中国船衝突事件から、明日9月7日でちょうど1年となる。この間、日中関係は不安定となり、日本では中国脅威論が台頭してきたとの報告もある。玄葉外相は、記者から「どう改善を図っていくのか?」と質問されると、

「日中間の誤解というものを生じさせないための、重層的な危機管理メカニズムを何とか構築できないかと考えている」

と話し、5月の日中首脳会談で当時の菅直人首相が温家宝首相に提案された「海上の危機管理メカニズム」を、具体化させる方向性を示した。

 さらに玄葉外相は、ことし8月24日に尖閣諸島の周辺海域で中国の漁業監視船2隻が領海侵入したことに関して、記者から再発防止策について問われると、

「先般の領海侵犯事件については極めて遺憾な事態だと思っている」

と発言。「東シナ海だけではなく、南シナ海を含めさまざまな国際的関心事項がある」とした上で

「中国も含めてしっかり国際的なルールを作り、かつそれを遵守するという形を作り上げていかなければいけない」

と強調した。また玄葉外相は、来年の日中国交正常化40周年に向けて、青少年交流などさまざまなことを視野に入れながら、両国の「国民感情の改善」を図ることも重要だと語った。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 日中関係に関する発言部分から視聴-会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62826170?po=news&ref=news#11:24

(山下真史)

【関連記事】
拉致問題担当副大臣、松原仁国交副大臣が兼務
民主党、役員人事を発表 菅前首相は最高顧問、仙谷氏は政調会長代行に
藤村官房長官、政治資金規正法の「改正は必要」
現段階での小沢氏処分解除は「ハードル高い」 元秘書の石川議員が分析
野田新首相、早期解散を否定 原発再稼働は「地域の理解頂く」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。