ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一度食べたら忘れられない!1日1000個以上売れる行列店の名物パンを実食

DATE:
  • ガジェット通信を≫

博多ラーメン、水炊き、餃子などおいしい「食」であふれている九州。でも九州の食の魅力はまだまだ奥が深そうです。今話題になっているのは、佐賀県東部・鳥栖市に本店があり、九州に全4店舗を構えるパン屋、石釜パン工房クリーブラッツ。メディアにも何度もとり上げられ、週末は行列ができるほど絶大な支持を得ているパン屋です。今回はクリーブラッツの人気の秘密に迫ります。

メニューは110種類


(C) momo

店の中に入ると、隅から隅まで商品がぎっしり! メニュー数が多く、更にどれも焼きたてなので、選ぶ時間が想像以上に楽しいものになります。それもそのはず、クリーブラッツでは、パンをこよなく愛するスタッフが日々商品開発に取り組み、現在ではメニューの数なんと110種類。 パンのネーミングからも食欲がそそられます。

ど根性メロンパン(125円)、手炊きのとろっとカスタードクリームパン(125円)、一日350個売れるという、自家製カレーの中に角切りの牛肉がぎゅっと詰まった、牛肉ゴロゴロカレーパン(150円)などは同店の看板メニュー。 他にも美味しそうな惣菜パンから懐かしい菓子パンまでが揃っています。


(C) momo

名物「蔵出しめんたいフィセル」「塩バターパン」


(C) momo

110種類もある商品の中でも堂々の人気ナンバーワンは、「蔵出しめんたいフィセル」(190円)。福岡の老舗明太子専門店「蔵出し」の明太子をたっぷり使っているパンで、なんと一日の売り上げ1000個以上。200度もある石釜の中心で焼き上げた、もちもちカリカリのフランスパンの生地の中には「蔵出し」の粒にこだわったほんのり甘い明太子とバター、マヨネーズを混ぜ合わせた最強のペーストが入っています。一度食べたら忘れられない味のこのパン、明太子好きには一度食べてもらいたい一品です。


(C) momo

クリーブラッツもう一つの名物は「塩バターパン」。なんとお値段一つ80円。このコストパフォーマンスの良さに思わず驚いてしまいます。塩バターパンはすぐに売り切れてしまうので、事前に店に行く前に電話で予約をしておくのがおすすめ。焼きたての塩バターパンは ふんわりもっちもっち、絶妙な塩加減で何個でも食べれてしまう美味しさです。

人気の秘密は店のホスピタリティー

クリーブラッツの店員さんは丁寧な対応で、明るく、気持ちの良い接客です。売り切れているパンがあれば、あとどれくらいで焼き上がるかすぐに確認してくれますよ。また同店では無料のコーヒーやお茶が飲める嬉しいサービスも。店の中にも外にもイートインスペースがあるので、コーヒーと買ったばかりのパンを一緒に楽しむことができます。


(C) momo

九州グルメツアーには外せない一押しのスポットとなった、素材、味、焼きたてにこだわるパン工房クリーブラッツ。ここでしか食べられないオリジナリティ溢れるパンを堪能したいですね。

[パン工房クリーブラッツ]
[Photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP