ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激戦の週間アルバムチャートはBUMP OF CHICKENが制覇、E-girlsベストや渋谷すばる初カバー作、WaTラスト盤は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月22日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、先週末から激戦を繰り広げてきたBUMP OF CHICKENの約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『Butterflies』が初登場1位に。E-girlsの初ベスト『E.G. SMILE -E-girls BEST-』は惜しくも2位という結果になった。

 3位にはMAN WITH A MISSIONの4thアルバム『The World’s On Fire』がチャートイン。2015年に2度のヨーロッパツアーを敢行するなど、世界にまでその羽を広げる彼らが提示する“世界基準”が詰め込まれた本作も好調なセールスを記録している。

 そして4位も激戦の結果、ZARDのデビュー25周年を記念した究極のオールタイムベスト『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』がチャートインしており、渋谷すばる 初のカバーアルバム『歌』は僅差で5位に。今週は総じてハイレベルな順位争いが行われたチャートとなっている。

 なお、WaTの最後のベストアルバム『卒業BEST』は初登場7位に。先週オンエアの『ミュージックステーション』への出演をもって解散した彼らだが、本作には2005年のメジャーデビュー曲「僕のキモチ」をはじめ、10年の活動で発表してきた代表曲の数々が収録されている。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年2月22日付)
1位.BUMP OF CHICKEN『Butterflies』
2位.E-Girls『E.G. SMILE-E-girls BEST-』
3位.MAN WITH A MISSION『The World’s On Fire』
4位.ZARD『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』
5位.渋谷すばる『歌』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】バンプとE-girlsが激しいトップ争いを展開!
BIGBANG 韓流三つ巴対決を制し、オリジナルアルバムでは4年9か月ぶりビルボード週間チャート1位に
名古屋のエンタメ集団BOYS AND MENが2作連続1位の快挙、TOP5は先ヨミ通りの順位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP