ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴッホの寝室を完全再現!一泊1100円の奇跡の部屋が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界的に有名な画家、フィンセント・ファン・ゴッホが残した名画のひとつとして知られる「ファン・ゴッホの寝室」。

あなたも一度は美術書などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんな「ファン・ゴッホの寝室」を再現した部屋に、なんと実際に宿泊することができるんです!

・絵画の世界そのまま

椅子やベッド、床に至るまですべて作品の世界観がそのまま。

ゴッホの独特なうねりのある筆のタッチが、立体で見事に再現されています。

自分が絵の世界に入り込んでしまったと錯覚してしまいそうですね。

・宿泊料は一泊たったの1100円

絵画の舞台になった部屋は南フランスにありますが、この部屋はアメリカのシカゴにあり、なんと一泊約1100円で泊まれるそうです!

もちろん、元々存在する部屋ではありません。

シカゴ美術館で開催される展覧会に「ファン・ゴッホの寝室」の3つのバージョンすべてが展示されることを記念した特別企画として誕生しました。

原作そのままの質素な室内の雰囲気とは裏腹に、テレビやバスルーム、Wi-Fiも完備した現代的な仕様で、快適に過ごせそうです。

ゴッホの寝室で眠れば、アートな感性が一気に目覚めるかも?

宿泊の予約は、「Airbnb」で受け付けています。

世界中から宿泊の予約が殺到しそうなので、泊まることができればかなりラッキーかもしれませんね。

Airbnb
https://goo.gl/RUV0aZ

旅行(まとめ)
アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP