体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これどうなってるの!?立体的に浮かび上がる“カリグラフィーアート”

girdin07

アルファベットを美しく描くカリグラフィーは、西洋の書道と呼ばれることもあります。

トルコのエンジニアでグラフィックデザイナーでもあるTolga Girginさんも、カリグラフィーアーティストのひとり。

しかし彼の作品は美しいだけではありません。

・立体的な文字アート

なんと文字が立ち上がるのです☆

girdin02 girdin03

といっても文字を切り取って立てているわけではありません。

文字の角度や影などを計算し、立体的に見せているのです。

girdin05

・実験的なカリグラフィーアート

Girginさんの作品は、文字を立体的に見せるだけではなく、文字の意味そのものに注目。

girdin07

時には本物のグッズと合わせたひねりの効いたものも。

girdin06

彼の作品が実験的な芸術と言われるゆえんです。

BehanceInstagramではGirginさんの作品が掲載されています。

気になった方は、ぜひチェックを!

Behance
https://www.behance.net/tolgagirgin99
Instagram
https://www.instagram.com/tolgagirgin99/

文字(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会