ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェアとその時間的遷移(8月)、Froyo以降が全体の8割以上を占める

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleが8月2日までの14日における、世界中で利用されているAndroid端末のOSバージョン別シェアとその時間的遷移のグラフをAndroid Developersで公開しました。今年Q2~Q3にかけて大手メーカーから発売されたスマートフォン新機種にGingerbreadが標準搭載されていること、既存端末のGingerbreadアップデートが進められていることが主な理由だと思いますが、スマートフォンでは、Android 2.3がシェアを伸ばし、それ以外はシェアを落としたという状況となっています。とは言いつつも、まだFroyoがシェア過半数を占めています。Gingerbreadを含めると、Froyo以降が全体の8割を占めています。

Honeycombのシェア自体は依然として2%未満(公開されていないので伸びないのは)。Android 3.2のシェアが伸びているのは、XOOMやEee Pad Transformerといったメジャーなタブレットがアップデートされているからだと思われます。  

Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、Optimus 2X韓国版のAndroid 2.3アップデートを開始
IFA 2011:Samsung、Galaxy Tab 7.7をIFA会場から撤去
IFA 2011:HANNspree、Ice Cream Sandwichで発売予定のAndroidタブレット「HANNS pad SN10T4」を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。