ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビクセン、夜間の天体観測の補助光として使えるAndroidアプリ「NightVision Light」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビクセンは 2 月 12 日、スマートフォンを夜間における天体観測の補助光として使用するためのアプリ「NightVision Light」を Goog Play ストアにリリースしました。「NightVision Light」は、スマートフォンの画面を赤色に光らせるだけのアプリです。何に役立つのかというと、夜間の暗さに慣らした目を維持する時です。懐中電灯などの白色光では目にとって眩しく、せっかく目が暗闇に慣れたのにそれを戻してしまうことを抑制しつつ、手元のカメラやノートなどを照らします。アプリを起動すると、画面が直ちに赤く光り、画面を下にスワイプして暗くすることもできます。逆に上にスワイプすると明るくなります。アプリを終了すると、その時点の明るさを記憶するので、次回の起動時には前回の明るさで光ります。「NightVision Light」(Google Play ストア)

■関連記事
BlackBerry、直販サイトで「BlackBerry Priv」の値下げセールを2月24日まで実施
米国のAmazon.comで18.4インチタブレット「Galaxy View(SM-T670)」が$449.99に値下がり
LGは5.3インチWQHDの「LG-H840」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP