体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豚カツを超える至高の”牛かつ”を丼で食す @『牛かつ おか田』新橋

okada-don031_R

筆者が愛する新橋で一番の人気店と言えば、どこでしょうか?

美味しい店が多い新橋周辺では、そう簡単にナンバーワンを決める事が出来ませんが、ココはひとまず行列の長さがひとつのバロメーターになるかと存じます。

ということで、今回は行列必須にも程がある『牛かつ おか田』を紹介してみましょう。

地下一階の超絶人気店『牛かつ おか田』

okada-don027_R

『ニュー新橋ビル』は美味しい店が集まっていて、ある意味”新橋”を代表するグルメスポットのひとつに数えられます。

okada-don025_R

そんな『ニュー新橋ビル』の中でも、いつも並んでいる店と言えば『牛かつ おか田』ではないでしょうか?

okada-don026_R

10人、20人待ちは当たり前で、筆者は未だかつて行列がなかった日を見た事がありません。

並び方にはルールがあり、店の前にある椅子に座れない人は、近くの階段に並ぶ事になります。

okada-don006_R

ちなみにコチラの看板の位置で店外10人目くらいでしょうか? オープン15分前に訪れても、この位置からスタートとか、どんだけ並んでんだよって話で御座います。

今更、このポジションから接続しても、昼休み時間内には入れないんじゃないでしょうか?

okada-don024_R

「安心して下さい。ちゃんと入れますよ!」

『牛かつ おか田』に訪れる人達は、非常に洗練された食事をするエリートフォースなので、回転は速めで御座います。

”牛カツ”自体も調理時間が早く、食べる人達もランチの達人ばかりなので、10人待ちくらいなら15分~20分くらいで入店出来ると思われます。

okada-don021_R

なので、行列になっているからと諦めず、並んでみるのも一興ですね。

っていうか、行列に接続しない限り永遠に『牛カツ おか田』に入れないので、そこは並ぶべき案件かと存じます。

okada-don008_R

意外とあっさり入店すると、そこは油煙の漂う独特な雰囲気に包まれる『牛かつ おか田』の世界が広がっています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。