ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おそらく渋谷でいちばん美味しい「アジフライ定食」がそこにある / d47食堂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長崎定食 松浦港のアジフライ
1520円

ふと、家庭的な料理が食べたくなる。ふと、あの小さな食堂の定食が食べたくなる。都会に住んでいると美味しい料理を食べる機会に恵まれるが、「ふと食べたくなる素朴な味」に出会える機会が少なくなる。

・味覚を魅了するアジフライ
そんな「味」の代表的な料理といえば、アジフライだろう。魚が苦手な人でも、なぜかアジフライだけは大好物。そんな人もいるほど、食べる者の味覚を魅了するアジフライ。サクサクな衣に、ふわっふわのアジ、そこにソースやタルタルソールをたっぷりつけて、ガブリと頬張る。

・白飯と濃いめの味噌汁を流し込む
ザクザクッとした食感とともに溢れるアジの旨味。すでにそれはアジの領域を超越した美味しさに昇華。他にもフライ料理はごまんとあるのに、どうしてアジだけはここまで人を惹きつけるのか。アジフライを食べて恍惚状態の味覚神経に、間髪入れず白飯と濃いめの味噌汁を流し込む。

・ワンランク上の旨味成分へとシフト
なんなんだこれは。白飯と味噌汁が強烈な旨味と化し、ザクザクの衣とふわふわのアジを別次元へと誘う。おそらく、アジフライの旨味がご飯の微細な甘味と味噌汁の塩分によって、ワンランク上の旨味成分へとシフトされたのだろう。

・ふと食べたくなるアジフライ
渋谷のど真ん中、渋谷ヒカリエの8階にある「d47食堂」(ディヨンナナショクドウ)では、大ぶりの新鮮なアジを使用したアジフライ定食が堪能できる。その名も「長崎定食 松浦港のアジフライ」。この大都会で、思う存分「ふと食べたくなるアジフライ」を堪能できるのだから、良い時代になったものである。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/12/d47shokudo/

d47食堂(ディヨンナナショクドウ)
住所: 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F
時間: 11:00~22:30
休日: 渋谷ヒカリエの定休日
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13140335/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP