ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英国音楽の祭典【ブリット・アワード】が全米でテレビ放映へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 英国レコード産業協会により開催されるイギリス音楽の祭典【ブリット・アワード】(現名称では27回目の開催)が今年、東部標準時2月24日の午後8時半からテレビチャンネル“Fuse(フューズ)”を拠点に全米でテレビ放映されることになった。同社が発表している。

 今年のショーではデヴィッド・ボウイのトリビューションが予定されているほか、アデル、コールドプレイ、ジャスティン・ビーバー、ザ・ウィークエンド、リトル・ミックス、ジェス・グリン、ジェームズ・ベイがパフォーマンスを披露する予定だ。昨年はカニエ・ウェストが同イベントで新曲「オール・デイ」を発表した。

 今年ノミネートされているのは、エイフェックス・ツイン、故エイミー・ワインハウス、ブラー、ウルフ・アリス、ファーザー・ジョン・ミスティ、ビョーク、テーム・インパラなど。イギリス国外のアーティストに贈られる賞は3つで、他のカテゴリーはUKアーティストにのみ授与される。

 これはマディソン・スクエア・ガーデン社から2014年に2億2,600万ドル(約250億円)で買収された同ネットワーク社にとっては魅力的な計画だろう。現在、Fuse Media(フューズメディア)が運営するFuseは、音楽コンテンツだけの番組編成から幅を広げ、急成長する18歳から34歳の多文化的およびラテン系アメリカ人視聴者にフォーカスするとともに、昨年には新しい音楽に特化したFMチャンネルをスタートさせている。

関連記事リンク(外部サイト)

アンダーワールド 6年ぶりの新作からリード・シングルがApple Musicで独占先行公開
元KISSのエース・フレーリー、盟友ポール・スタンレーやスラッシュなど参加の初カヴァー・アルバム発表
OK Go 「人類が宇宙空間でアートを制作するようになる日もそう遠くない」人類史上初の無重力撮影MVが完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP