体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェモニ】『ふりサク・のりたまご味』『ふりサク・梅しそ味』読者レビュー

dsc00233

ガジェット通信の実食モニター募集『ふりサク・のりたまご味』『ふりサク・梅しそ味』にたくさんのご応募をいただきました。当選された方々から届いたレビューをご紹介いたします。今回は3人の方のレビューを採用させていただきました。

【募集終了しました】新感覚のふりかけスナック『ふりサク・のりたまご味』『ふりサク・梅しそ味』のレビューをしてくださる方募集【ガジェモニプレゼント】
http://getnews.jp/archives/130400

今回は株式会社東ハト様から『ふりサク・のりたまご味』『ふりサク・梅しそ味』をご提供いただきました。

*   *   *   *   *

ふじいりょうさんのレビュー:東ハト『ふりサク』でおにぎりとお茶漬けを作ってみた。

東ハトといえば、『キャラメルコーン』などでおなじみの老舗お菓子メーカー。『暴君ハバネロ』のような、キャラクターの立ったピリリと辛~い商品なども有名です。

そんな東ハトが、お菓子にもふりかけにもなるという、ちょっとユニークな商品を発売しました。それが『ふりサク』です。味は「のりたまご」と「梅しそ」の2種類。どちらもふりかけでは定番ですね。

一口サイズでそのまま食べても充分美味しい『ふりサク』。お米にスナックをかけて食べるなんて……と思っていた筆者ですが、せっかくなので、開発者の趣旨に従ってご飯に混ぜて食べてみようということで、おにぎりとお茶漬けを作ってみました。今回は筆者の趣味で「梅しそ」の方をチョイスしました。

p2011_0819_065945

画像1:混ぜる。お米1合に対して『ふりサク』1袋。
まずは、炊きたてのご飯をボールに入れ、『ふりサク』と混ぜます。お米1合に対して『ふりサク』1袋でちょうどいい量になります。しゃもじで切るようにして、全体的に粒が粉々になるくらいまでにすると、お米になじむようです。

p2011_0819_070142

画像2:なじむように、まぜまぜ。
これを少し大きめの三角おにぎりにしてみました。お米1合+『ふりサク』でふたつ分です。お味の方は……梅の香ばしい味とお米の間に、サクサクとした食感が混じり、不思議な感覚。作る前はスナック菓子とご飯を一緒にするのに抵抗があった筆者ですが、「これならいけるかも!」と感じました。

p2011_0819_071054

画像3:おにぎりにしてみました。
でも、おにぎりだけだと、朝ごはんとしては物足りないような……。そう感じた筆者は、わかめのお吸い物の中に入れてお茶漬け風にしてみることを思いつきました。

ひとり分で水200ccにしょうゆ、みりんを小さじ1杯ずつと日本酒少々を鍋に入れます。それに乾燥わかめを適量戻して、鍋が煮立ったら入れて、1分少々待って出来上がり。

これを先ほどのおにぎりをお椀(わん)に入れて、そのまま汁をかけていただきます。

p2011_0819_0722191

画像4:お茶漬け風。
汁をかけると、スナック特有のパサパサ感がふやけて消えて、口の中でやわらかくとろけていきます。お米の食感とのハーモニーが楽しめる上に、わかめの塩気にしその味も加わって美味しい! これはおすすめの食べ方です。わかめでなくて、小松菜や青ねぎなどを入れてもよさそう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会