体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドンでじっくり写真を見るならココ! 『ザ・フォトグラファーズ・ギャラリー』レポート

IMG_9636-s

ロンドンには数多くの美術館・博物館・ギャラリーがあります。
今回はその中から、写真に特化したギャラリーである『ザ・フォトグラファーズ・ギャラリー』をご紹介します。
この美術館は、写真が生まれた1800年代の実物作品から、時代の最先端をいくデジタル作品まで、多種多様な写真展示が行われているロンドン最大の写真ギャラリーです。

IMG_9631-s

場所はリージェント・ストリートとオックスフォード・ストリートが交差するオックスフォード・サーカス駅から歩いてすぐ。ロンドンショッピング街の正に中心にあります。
建物は古いレンガ造りのビルをモダンな装いに最近改装したようで、ビシッとしていてとても格好いいです。角地にあるので、見逃すことはまずありません。

フロア毎に趣向の異なる展示が楽しめる

IMG_9648-s

筆者が訪問した際の展示内容は以下のとおり。

THE EASTER RISING 1916 (イースター蜂起)
WOLF SUSCHITZKY’S LONDON (150年近く前のロンドン・ビンテージ写真)
Saul Leiter’s pioneering colour photography (1950年代アメリカのカラーフィルム)
ROSÂNGELA RENNÓ (ブラジル人アーティストによるウルグアイのインスタレーション)

それでは早速見ていきましょう。

2階ではおよそ百年前、1910年代に活躍した写真家が撮った、1916年のダブリンで起きた武装蜂起「イースター蜂起」にフォーカスしたアイルランドの光景が展示されています。1910年代アイルランドは、イギリスからの独立闘争が活発化した激動の時代。そのような世界史上の出来事も、しっかりとフィルムに収められていることに驚きます。教科書でチラッとしか見たことのない様な人々の写真が、非常にたくさん、イキイキと飾られている事には感動を禁じ得ません。
またそれ以外にも1850年代の非常に古い写真も数多く展示してあるのは、ロンドン最大級の写真ギャラリーならでは。

IMG_9649-s

上の写真を見てお気づきでしょうか? 展示フロアの壁は一面緑色に塗装されています。これはこの特別展示のために、アイルランドを象徴する聖パトリックのシンボルカラー「緑」にちなみ、為されたデコレーションです。展示の方法にも気を使っている事がわかります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。