ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈Virgin Babylon Records〉が新企画 過去の国内インディペンデント名作を再発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈Virgin Babylon Records〉が新企画「Virgin Babylon Once More」をスタートさせた。

これは同レーベルが各オンライン・サービスを利用して、かつてCDリリースされ現在も配信すらされていない国内のインディペンデントな作品を再発するという試み。これによりCDを手に入れる以外には聴くことが難しかった名作を配信などで気軽に楽しむことができる。

今回は企画の第1弾として、GOAT EATS POEMの前身バンドとして知られるP-shitsのラスト・アルバム『Heartland』(2007年)、CDRで限定発売されたEP『顔のない人/ramble』(2005年)が配信リリースされた。

「Virgin Babylon Once More」では今後、COM.Aやworld’s end girlfriendの過去作も配信する予定とのこと。過去の名作と出会うため、ぜひ同企画をチェックしておこう。(鶯巣大介)

P-shirts / Green fort 新緑の古城 (from “Heartland”)https://youtu.be/CuCwT9GlE8s

P-shirts / ramble

https://youtu.be/V7DQ_T_2GvE

・P-shirts『Heartland』配信ページ
https://virginbabylonrecords.bandcamp.com/album/heartland

・P-shirt『顔のない人/ramble』配信ページ
https://virginbabylonrecords.bandcamp.com/album/ramble

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP