ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleのエンジニアが開発!未来的な作りのスマートミラーがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ほとんどの人が、髭を剃ったり、化粧をしたりと毎日洗面の鏡をのぞいているだろう。

その鏡を、より“未来風”にしたい。そう考えたGoogleのソフトウェアエンジニア、Max Braun氏が創作した「スマートミラー」を今回は紹介しよう。

・入手しやすい材料で

創作に当たってBraun氏は2つのことを心がけた。1つは、映画に出てくるような未来的なものにすること。もう1つは、入手しやすい材料を使うことだ。

そうやって作ったのが、日時や天気予報、ニュースのヘッドラインなどをリアルタイム表示する鏡。これだと洗面に立って身支度を整えながら、各種情報をチェックすることができる。

・鏡の裏にボード配置

では、どうやって作ったのか。使った主な材料は、マジックミラーにディスプレーパネル、コントロールボード。その他の細々とした材料はクラフトショップなどで入手したものだ。

そして今回作ったのは鏡部分が扉に、中が棚になっているタイプで、扉の内側(鏡の裏)にコントロールボードやケーブル類が配置されている。

Braun氏いわく「プロトタイプはまだ開発の途中。これまでソフトウェアの方にはあまり時間をかけていない」とのことで、今後新たな機能が追加されるようだ。

日曜大工的にコストもあまりかけずに作られたこのスマートミラー、Braun氏が公開しているサイトには絶賛の声が多数寄せられている。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP