体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイケル・ジャクソン、『オフ・ザ・ウォール』DXエディション国内盤が3月9日に発売決定

大人のシンガーへと成長を遂げたマイケル・ジャクソンの繊細な躍動感が冴え渡る、70年代ソウルの集大成にしてPOPS新時代も予見した事実上の“ファースト"ソロアルバム『オフ・ザ・ウォール』の、2枚組デラックス・エディションの国内盤リリースが3月9日に決定した。

マイケル・ジャクソン (okmusic UP's)

『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』は、新たにリマスターされたオリジナル・アルバム(日本盤のみBlu-specCD2仕様)に加え、スパイク・リー監督による最新ドキュメンタリー映画 『マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール』 をDISC2(ブルーレイまたはDVD)に収録。同ドキュメンタリーは、マイケル・ジャクソン10歳から23歳までの激動期を、膨大なアーカイヴ資料(映像・音声・写真)と総勢60名に及ぶ貴重なインタビューによる証言で検証。 “キング・オブ・ポップ:エピソード0″ を立体的に浮かび上がらせると同時に、『オフ・ザ・ウォール』 の文化的価値と、今日のアーティストに与えた影響を深く掘り下げていく濃密な内容になっている。

同ドキュメンタリーのインタビューに登場しているファレル・ウィリアムスは「マイケルの影響は計り知れない。『オフ・ザ・ウォール』も、そのあとに続く作品もぜんぶ、僕の音楽の源だ。彼は“ブラック・ミュージック”を“ヒューマン・ミュージック”に昇華してくれた。」と語り、マーク・ロンソンも「何度聴いても新たな発見がある。20年以上DJをやっているが、『オフ・ザ・ウォール』ほどプレイするレコードは他にない」と語っている。

ちなみに、このデラックス・エディションは、パッケージも“個性的で普通じゃない”=OFF THE WALLなつくりで、2枚のディスクを収納するソフトパックの見開き面がチョークボード仕様になっており、封入のチョークを使用してアートワークをカスタマイズ出来るというもの。なお、『スリラー25』(2008年)、『BAD25』(2012年)に続く『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』の発売を記念して、『オフ・ザ・ウォール』ハイレゾ版(24bit/96kHz)の同日配信開始も決定した。現在までに日本国内でハイレゾ配信が行われているマイケル・ジャクソン名義の作品は、『ガット・トゥ・ビー・ゼア』(ユニバーサル)、『スリラー』、『BAD25』、『XSCAPE』の4タイトルで、今回の『オフ・ザ・ウォール』で計5タイトル目となる。

アルバム『マイケル・ジャクソン|オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』特殊パッケージ使用イメージ動画
https://www.youtube.com/watch?v=wq7G0L_qElQ&index=1&list=PL84wasvrcnHkdOCir594kxCV_KOHG3yos)

アルバム『オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション』
2016年3月9日発売
【CD+ブルーレイ】
SICP30924-5/¥4,800+税
【CD+DVD】
SICP30926-7/¥4,200+税
<収録内容>
■DISC1|CD
『オフ・ザ・ウォール』 オリジナル・アルバム:2015年最新デジタル・リマスター(日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様)
<収録曲>
01. 今夜はドント・ストップ | Don’t Stop ‘Til You Get Enough*
02. ロック・ウィズ・ユー | Rock With You
03. ワーキン・デイ・アンド・ナイト | Working Day And Night*
04. ゲット・オン・ザ・フロア | Get On The Floor*
05. オフ・ザ・ウォール | Off The Wall
06. ガールフレンド | Girlfriend
07. あの娘が消えた | She’s Out Of My Life
08. アイ・キャント・ヘルプ・イット | I Can’t Help It
09. それが恋だから | It’s The Falling In Love
10. ディスコで燃えて | Burn This Disco Out
Produced by クインシー・ジョーンズ
※Co-Produced by マイケル・ジャクソン

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。