ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本は住むにはいいけど、働くにはビミョーな国」 留学生がそう感じていることが経産省の調査で明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

経済産業省が2月5日に公開した資料によると、外国人留学生や元留学生819人のうち「日本に住むこと」を魅力的と答えた割合は82.7%を占め、非常に高い評価を得ている。その一方で「日本で働くこと」を魅力的だと答えた留学生は22.0%にとどまっていた。

日本で働くことに「非常に魅力的」と答えた人は、わずか4.3%。「全く魅力的でない」と答えた人は15.6%で、「あまり魅力的ではない」の34.3%を加えると、49.9%と半数が「魅力的ではない」との意思を表している。
7割が日本での就職を希望。しかし実現は3割足らず

日本人の労働力が減少する中で、政府は「日本国内及び海外の大学・大学院以上の最終学歴を有する者」に該当する高度外国人材を積極的に受け入れようとしている。学部を卒業した外国人留学生も、日本での就職を希望する率は70.4%にのぼっている。

しかし、実際に日本企業に就職する留学生は29.7%にとどまっており、修士や博士修了の学生を含めると年間1万人が海外に「流出」しているという。

日本企業が留学生の受け入れに難色を示し、採用が難しい場合もあるだろう。その一方で、留学生自身が日本企業に愛想を尽かし、海外での就職を選ぶケースもあるかもしれない。

「流出」の理由の一つとして経産省があげているのが、留学生の志望企業とグローバル人材を欲する企業とのミスマッチだ。中小企業の61%が「グローバル人材が不足している」と答えているものの、留学生の76%が就職先として大企業を志望しているため、需要と供給が一致してない。

大企業志向の裏には、日本の就活慣行への戸惑いもある。留学生に就活の問題点を尋ねたところ、「日本の就職活動の仕組みが分からない」(33.1%)がトップに。就職活動のやり方が分からなければ、他の学生と同様にナビサイト頼みになるケースが多く、中小企業と出会う機会がないおそれもある。
「年功序列賃金やローテーション人事」を変えられるか?

企業に対する不満では、大企業に勤める元留学生のトップが「昇進する見込みが感じられない」(35.6%)、中小企業に勤める人のトップが「給与が低い、給与がなかなか増えない」(34.0%)だった。経産省は、

「年功序列賃金やローテーション人事が、若手外国人材の期待に合っていない」

と分析している。8割を超える留学生が居住環境として魅力的と考えているのだから、ミスマッチが解消されれば高度外国人材は定着していくだろう。経産省では対応策を検討する研究会を開催しており、3月中に報告書が取りまとめられる予定だ。

あわせてよみたい:20代中国人に聞く「ココが変だよ日本の会社」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP