体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

所得の低い”意識高い系”が予算100$で良い音を求めた結果

mp3play014_R

最近はスマホで音楽を聴くのが当たり前の時代になって来ましたが、筆者はスマホを持っていません。いや、厳密にはタブレット的な何かは使っていますが、通話はガラケー1本で頑張っています。

ガラケーはバッテリーの持ちも良いし、応答しやすいので電話としての使い勝手は良いのです。

しかし!

タブレットで音楽を聴いても良いのですが、やはり気になる電池の消耗……。というわけで、ココは音楽専用のプレーヤーを購入する方向でどうでしょうか?

実売価格3千円チョイの『AGPtEK A02』を買ってみた

mp3play001_R

まあ、プロがレビューするなら常識的には”ハイレゾ音源対応”のプレーヤーを攻めるのがスジですが、あえて言おう!

「筆者は大盛り系担当です」

基本、ラーメンとかカレーとか餃子が専門分野なので、こっち方面は苦手と言うか、本当に書いて大丈夫なのか不安で御座います。

というわけで、筆者のレベルに合わせたプレーヤーをチョイスしました。

こなれた価格と謎メーカー的な怪しさ、このくらいのプレーヤーをレビューするなら社会的にも許される予感です。

『AGPtEK A02』8GBイエロー

mp3play002_R

『Amazon』で3299円で購入してみました。ちなみに『Amazon』は商品の売れ方や在庫で値段が変わるので、微妙に前後するとは思いますが、基本的には3000円チョイで買えると思います。

mp3play006_R

箱の中身は至ってシンプル、本体自体も非常にシンプルで、ぶっちゃけレビューする要素も少なめで御座います。

mp3play011_R

ボタンも少ないので操作しやすいように思えますが、それぞれのモードと言うか状態でボタンの役割が変わるので、最初は取り扱い説明書を読んだ方が良いですね。

mp3play007_R

基本、マニュアルを読まないロックな筆者ですが、コイツの操作には少々戸惑ってしまいました。

mp3play005_R

まあ、一度馴れてしまえば、さして高機能なプレーヤーではないので、扱い方は簡単です。

『AGPtEK A02』の良い所

mp3play009_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy