体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.8】愛で、撮って、楽しむ毎日を 富士フイルム『X-Pro2』

P1064371あ

モノ・マガジンのデジカメ報告No.8

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』や『電子寫眞機戀愛(デンシシャシンキレンアイ)』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之の電子写真機恋愛『富士フイルム X-Pro2』

お待たせしましたX-Pro2。愛で、撮って、楽しむ毎日を。

「勤勉」「努力」「忠誠」を好む方、もしくは狡猾陰険性悪を忌み嫌う方、あるいは手加減とか妥協とか譲渡などを潔しとしない方へ。おまたせしました、富士フイルムからX-Pro2の登場であります。

先代X-Pro1より4年ぶりのフルモデルチェンジでありますこのX-Pro2、実に正しく進化してまいりました。操作系のブラッシュアップを計った背面のボタン、ダイヤル配置はひと目で違いがわかりますが、正面からの佇まいは「違いは……ええと?」というレベルであります。

よくみるとAF補助光ランプが四角になっていたり、フロントコマンドダイヤルが新設されていたり、ボディも若干大きく重くなりましたが先代のクラシカルなデザインを踏襲しています。先代の意志を尊重し実直に家業を受け継ぐ、出来た二代目という風情がございます。

右親指だけで~

右親指だけでほとんどの操作を可能にすべくレイアウト変更された背面部。3.0型約236万ドットモニターだ。なお光学ファインダー部は要望の多く寄せられた視度調整機能が加えられた。老眼も近視もカモンだ!

ボディ上面の~

ボディ上面の軍艦部は清潔な仕上がり。X-Pro1にはあったレンズ構成図のモチーフがなくなり、シンプルに機種名のみが刻印される。オリーブグリーンの限定モデルが欲しいなんて人も少なくないハズ!

58_X-Pro2_BK_MagnesiumBody

骨格はマグネシウム製。防塵、防滴、耐低温構造、高耐久フォーカルプレーンシャッターなど、筋肉質な実力派ボディなのである。

製品サブ2 41_X-Pro2_BK_SD_card_Slot_inside

メディアはついにダブル化! どうですか、この盤石の風景。職業写真家たちを安心させる光景です。いえ、最近のカメラならシングルでもまったく問題ないのですが、起きやしない万が一に備えるビビリ……失礼、慎重な性格の人物が多いのが写真家。これでバックアップも保存できるので安心安全。ダブルの効果で多い日でも安心……(いえ、カット数が)。

1 2 3次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。