ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ブラック・パンサー」が超クール! マーベル作品のフィギュア大集合【ワンフェス2016[冬]】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月29日日本公開予定の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』、6月日本公開予定の『デッドプール』、11月全米公開予定の『ドクター・ストレンジ』、2017年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『マイティ・ソー』のシリーズ続編と、作品目白押しの「マーベル・シネマティック・ユニバース」。昨年は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』と『アントマン』の公開もファンを盛り上げてくれました。

そんな「マーベル」作品の魅力はスクリーンの中のみならず。2月8日、幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル 2016 Winter」には、様々なマーベル関連商品が登場しています。


コロンとしたフォルムが可愛い、グッドスマイルカンパニーの「ねんどろいど」。


発売中の「アイアンマン マーク45」に引続き、「キャプテン・アメリカ」が登場。発売時期、価格共に未定。『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』では、トニー・スタークとキャップの確執が描かれるそうですが、こんなキュートな2人なら喧嘩しなそう。

【関連動画】アイアンマンとキャップが遂に対立! 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』特報
https://www.youtube.com/watch?v=d5JJKUyOSIU


台湾発ブランド「Beast Kingdom」からも、アベンジャーズメンバーがずらり。こういったディスプレイを見ると「クゥ〜、いつかお金持ちになって全部揃えたい……」と、ガラスケースにはりつきトランペットに憧れる少年の様になってしまうのですが、きっと筆者だけじゃないはず。


『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』より、アイアンマン「マーク45」と「マーク43」。発売時期は未定。


同じく『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』よりソーとキャプテン・アメリカ。発売時期未定。


ヒーローが揃ったら、敵キャラも! 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』よりウルトロン・プライム。


筆者が個人的に一番アガった「ブラック・パンサー」。今春公開の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』で初お披露目予定のキャラであり、2017年には単独で映画公開が予定されています。


黒のボディに精巧に作られたデザインが超クール。発売時期、価格共に未定。


イヤホンジャックアクセサリーは「マーク45」、「ウォーマシン 2.0」、「ウルトロン」、「ヴィジョン」、「ハルク」の5種がラインナップ。「マーク45」、「ウォーマシン 2.0」、「ウルトロン」にはLED発光ギミックが搭載されているとのことで、ファンにはたまりません。2016年3月発売予定ですが、現在予約受付は終了。再販が待たれます!


「ワンフェス2016冬」で目立っていたのが「ハルクバスター」。「Beast Kingdom」の重厚感がありながらも、どこかキュートなデザインが良いですね。


ワンフェス初登場となったメーカー「comicave」のハルクバスターはなんと1/4スケール。しかも顔が開いたり、光ったりする可動式! 「1/4コレクティブルプレミアムフィギュア アイアンマン・マーク44『ハルクバスター』」は2016年発売予定で、価格未定。


「千値練」の「RE:EDIT IRON MAN #05 HULKBUSTER」は、ポージングがクール! その重量感からか、どっしり仁王立ちしている事が多いハルクバスターですが、ここまで可動粋が広いのは嬉しいですね。頭部・胸のリアクターも発光するので、撮影会が捗りそう。


『デッドプール』も続々商品化決定! キュートで悪い子なおフザケヒーローはフィギュアでも人気が高まりそう。

これらのフィギュアの詳細は各メーカーサイトを参照。はやく欲しい!

ワンダーフェスティバル|Wonder Festival
http://wf.kaiyodo.net

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP