体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋愛も値切り交渉もうまくいく! 相手にOKをもらえる交渉テクニック3

Happy girlfriend hugging her boyfriend and looking at camera

「好きな人をデートに誘いたい」
「週末のバイトを、他の誰かに変わってもらいたい」

そんなふうに人に何か頼みごとをして、断られてしまった経験があるでしょう。
あなたは何も考えず、ただ自分の要求だけを相手に伝えていませんか?
それでは、うまくいかなくないことがあるんです。

でも、ちょっとした交渉テクニックを知っているだけで、OKをもらえる確率がグッと高まるんですよ。
ここでは交渉についての本から、3つの交渉テクニックを紹介しましょう。
恋愛にも、友達に頼みごとをするときにも、値切り交渉にも、役立ちますよ。

1. 先に与える「返報性(へんぽんせい)のルール」を使う

edma100200063

返報性のルールがあるために、親切や贈り物、招待などを受けると、そうした恩恵を与えてくれた人に対して将来お返しをせずにはいられない気持ちになるのです。
本『影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか』P.35

http://www.amazon.co.jp/dp/4837957323/

「返報」とは、他人の好意に対してむくいること。

友達にノートを借りたかったら、先にジュースでもおごっておくと良いでしょう。
バイトを仲間に変わってほしいなら、事前に仲間のバイトを手伝ってあげましょう。
異性をデートに誘うなら、先にホメる・ちょっとしたプレゼントをするなど、何か相手が喜ぶことをしましょう。
お父さんやお母さんに「明日、駅まで迎えに来て」と頼みたいなら、事前に家のお手伝いでもしておきましょう。
家電量販店で値切り交渉をするなら、まず店員さんの見た目や知識の量などをホメてみましょう。

人は先に何かしてもらうと、お返しをしたくなるのです。

2. “BATNA(バトナ)”をもって交渉にのぞむ

pepperbox100100014

・交渉では、まずは複数の選択肢を持つこと
・そして、目の前の選択肢とバトナ(他の選択肢のなかでいちばん良いもの)とを比較しながら、交渉を行なっていく
本『武器としての交渉思考』P.142

http://www.amazon.co.jp/dp/4061385151

家電量販店で値切り交渉をするとき、本命のA店で買物をする前に他店をチェックしておき、A店で
「B店やC店も確認したのですが、B店はこんなに安かったんです」
と言う。それが「バトナ」です。

1 2次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会