ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高橋優、新曲「さくらのうた」MV完成!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高橋優が3月9日に発売する13枚目のシングル『さくらのうた』のミュージックビデオが完成した。

今回のミュージックビデオは映画『そして父になる』『海街diary』の監督である是枝裕和氏が監修し、是枝氏率いる制作者集団「分福」の新鋭・津野愛(めぐみ)が監督を務めた。 主人公のバレリーナを夢見ていたOL役には女優の門脇麦さんが出演し、歌詞の“散ってもなお美しい花になりたい”と夢破れても尚、人は輝けるんだと桜の花びらに例えて歌っている。
そんな桜の花びらのように可憐にまた咲き誇ろうとする主人公を門脇麦さんが熱演し、まるで舞い散る花びらのようにバレエを披露している。 このミュージックビデオは、2月6日8時よりスペシャルショートエディションがYouTubeで公開スタートとなる。

この『さくらのうた』には、他にTBS系ドラマ「悪党たちは千里を走る」主題歌『クラクション』、や『運命の人』、さらには福島限定のスペシャルユニットだった亀田誠治氏とのメガネツインズ作品『メガネが割れそう』の4曲が収録され、期間限定生産盤には、昨年夏、デビュー5周年を記念して地元秋田で5000人を集め開催された“ベストアルバム発売記念祭「秋田で笑う約束」”の模様を全14曲と舞台裏映像含め90分以上収録したDVDが付属される。

また、CDショップ先着予約特典として、<高橋優メッセージ入り“さくらギター型ポストカード”>が発表されている。 さらに、昨年5万人を動員したデビュー5周年全国ツアーのファイナル公演となった神戸ワールド記念ホールの模様がWOWOWで放送されることも決定している。放送は3月12日夜20時からお見逃しなく。

【コメント】
■監修:是枝裕和
『切なさと前向きさの絶妙なバランスで人生の一瞬を切り取ったこの「さくらのうた」は一度聴いたら忘れられませんでした。高橋さんも門脇さんもいつかご一緒したいと思っていたので一石二鳥!!で嬉しい限りです。』

■津野監督
『友人がバレリーナになる夢を諦めた時に、それでも踊ることが好きだと言っていました。その言葉を高橋さんの歌を聞いて思い出しました。門脇さん自身に振り付けをしていただきとても素敵な撮影になりました。』

■主演:門脇麦
『初めて曲を聴かせていただいた時に、身体が勝手に動き出す気配がして、どなたかに振りを付けてもらうのではなく、自分の好きなように踊らせて下さいとお願いして臨んだ撮影でした。朝日が差し込むスタジオで高橋さんの歌に合わせて踊る時間は何とも至福な時間でした。少し切なくも春らしい素敵なMVになっていると思います。』

■高橋優
『「さくらのうた」のMVを、是枝裕和さんに監修していただきました。主演は女優の門脇麦さんです。心から尊敬できる、才気溢れるお二人と今回の映像製作に携われたことをとても嬉しく思います。楽曲に込めたメッセージが色を帯び、動きとなり、物語となる奇跡を見せてもらえたようで、胸が熱くなりました。』

『さくらのうた』MVショートバージョン
https://youtu.be/MNZh3sO07xA?list=PLvPG7sBTaIEcW6beNALeCUXzEoOyGchHo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP