ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『フードマンミニ』タテ運びOKの定番弁当箱が容量半分に/本当に汁漏れはしないのか検証!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

薄型弁当箱『フードマン』は4カ所のロックで高い密閉度を保ち、縦にしても汁漏れしにくいお弁当箱として登場して大きな支持を受けている大人気商品で、指名買いのファンも多い定番品だ。その『フードマン』より、従来品より容量が約半分になった『フードマンミニ』が発売された。薄型、そして縦にしてもこぼさずに持ち運べる弁当箱とは?その実力を検証してみよう!

A4サイズの書類と同じ幅で厚み3.5㎝の薄型弁当箱!

『フードマン』は「ビジネスバッグに入れて持ち運ぶ」をコンセプトに、株式会社シービージャパンより2014年2月に誕生。お弁当箱と言うと、高さがありかさばるものが多い中、厚み約3.5cmというスマートさを実現。幅はA4サイズの書類と変わらないので、ビジネスバックの中に縦にして入れることが出来る。お弁当箱をタテにするという発想もそれまではなかったが、4ヶ所のロックでしっかりとお弁当を固定することで中身をこぼすことなく持ち運びが出来る。

仕切りがしっかりと分かれているからランチプレート気分!

中は一体型の仕切りになっているのでランチプレートのような感覚。一体成形パッキンで、パッキンを外して洗う必要がなく、使用後のお手入れも楽なのだ。そんなお弁当箱『フードマン』(写真左)は、薄型でありながら容量は800mlとたっぷり入る。お茶碗4杯分も入るということで、主に「弁当男子」がターゲットであった。そんなに量を食べない人にとってはこの大きさがネックとなっていたが、ついに容量が約半分の『フードマンミニ』(写真右)が発売された。これを待っていた人も多いはず! これならば、女性少食派の人にも使いやすい。

 

薄型サイズはそのままに、容量が約半分の『フードマンミニ』!

厚みは従来と同じく3.5cm。大きさは約21cm×10.3cm。重さは約215g。容量は400mlでお茶碗2杯分に相当。

4点ロック方式と一体成形パッキンなど、全体の構造は従来品『フードマン』と同じ。

蓋の部分に施されたシーリングはWシーリング構造。蓋はドーム形状になっており、食材がつぶれにくく、ふんわりと詰められる。

 

本当に汁漏れしたりしないのか、勇気を持ってお弁当をタテにしてみた!

お弁当作りの基本とも言えるのが「汁気のあるものを入れない」ということ。気を付けて持ち歩いていたとしても、ちょっとした事ですぐに汁漏れをしてしまい、かばんの中などを汚してしまったりする。『フードマン』は4ヶ所のロックで高い密閉度を保っており「お弁当を縦にしても大丈夫!」と言うが、本来ならお弁当を傾けるのは厳禁とも言える行為。中身もずれてしまいそうだし、実際に縦にするとなると少し勇気がいりそうだ。

デミグラスソースのハンバーグ弁当を作ってみたので、『フードマンミニ』で早速検証。ご飯を詰め、ハンバーグにはたっぷりのデミグラスソースをかける。その他には、サラダや副菜(ひじき・切干大根の煮物)を詰めた。

 

さてここで重要なのが蓋の閉め方。ロックにはコツがあるのだ。

【ここがポイント〜お弁当の蓋を閉める時にコツがある】

①まずは食材を常温になるまでしっかりと冷ます。

②蓋を垂直に本体にかぶせる。仕切りの上に食材などが入り込まないように注意。

③真ん中に「PUSH」と書いてあるのでそこを押して、本体と密着させる。

④中心から外側に向かって、しっかりと押さえて蓋をさらに密着。

⑤お弁当のフチと角を押して密着。

⑥4か所のロックをカチッと閉じる。

 

これでしっかりと蓋と本体が密着して、高い密閉性が生まれる。きちんと密着させていなければ、それはやはり汁漏れの原因になるのでここはしっかりと蓋と本体を密着させよう。

 

さてここからが本番!『フードマンミニ』をタテにしてみよう!

お弁当の天敵・デミグラスソースは果たして漏れるか、5時間検証!

はじめは中身がズレるのでは?と思っていたが、しっかりと仕切りが分かれていて、それぞれにきちんと詰められていることもあり、ほとんど中身は移動したりしない。 そして、肝心のデミグラスソース。こちらは傾けた方にもちろんたまっている。本来のお弁当箱であれば、この時点で汁漏れしてしまうが…。

縦にしたまま約5時間後。全く汁漏れなし! お弁当箱を包むナプキンにも染み込んだりしていない。少し振動も与えてみようと、お弁当箱を縦にしてカシャカシャと振ってみたりもしたが、その程度ではもちろん汁漏れしなかった。これは素晴らしい! 蓋を外せば、本体は電子レンジにもかけられる。 

注意ポイント●蓋を開ける時も慎重に!

蓋を開ける時も、同様にポイントがある。4か所のロックを外し、真ん中を押さえながらフチからゆっくりと蓋を持ち上げる。急いで開けたりすると、反動でお弁当箱をひっくり返しそうになるので慎重に! きっちりと仕切りが分かれて独立しているので、味移りもしていなかった。

 

電車通勤、自動車通勤、自転車通学など、どんなシーンにおいても、お弁当を運ぶというのはやはりそれなりに大変なこと。これだけしっかりとした密閉性があれば、今まで躊躇してお弁当には入れられなかったメニューも入れられるようになりレパートリーも増えそうだ。ただし、注意書きには「持ち運ぶ際には必ずビニール袋に入れること」と書かれている。何かの拍子でロックが外れてしまったりすることもあると思うので、汁漏れしないからと言って過信はしすぎないように。

パッキンを外さなくていいからお手入れもラクラク!

仕切り部分のコーナーが滑らかなので洗いやすい。汚れもスルッと落とすことが出来た。一体成型のパッキンなので、取り外して洗う必要がなくこの点もお手入れが楽なポイント。水気はきちんと拭き取らないと、蓋の方に水垢が多少目立ってしまう点については注意。また、食器洗浄機も使用可能。

持ち歩きに限らず、普段の食生活にもおススメ!

持ち歩きの為のお弁当に限らず、普段の食生活にももちろん使える。 残った夕食をバランスよく詰めておけば、そのまま次の日の朝ご飯になるし、しっかり密閉できるという点でタッパーとして活用しても良いだろう。

蓋の開け閉めにはコツがあるが慣れればOK!

一方で、小さな子供や高齢者には、この蓋の開け閉めはなかなか大変だと思う。ネイルをしている女性や爪の短い人も、指をロックにひっかけにくいのでやや開けにくさがあるかもしれない。

 

蓋を閉める時にはきちんとしたポイントがあり、これを守らないときちんとロック出来ない。 また、しっかりと意識しながらひっくり返さないように蓋を開ける必要がある。コツを覚えてしまえば難しいことはないが慣れは必要。ロックの部分も繰り返しの使用によって弱くなっていってしまいそうな気配も否めない。

とにかく薄くて、密閉力の高いお弁当箱を求めている人には満足のいく商品。新発売の『フードマンミニ』のカラー展開は3色。スカイブルー、チェリーピンク、ミントグリーン。本体の耐熱温度は140℃。耐冷温度は-20℃。蓋(パッキン含む)の耐熱温度は100℃。耐冷温度は-20℃。価格は1,600円(税抜)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP