ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidとDebianを一体化したカスタムROM「Maru OS」が登場、スマートフォンをモニタに接続するLinuxデスクトップに切り替わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows 10 Mobile の Continuum 機能をヒントに、Android スマートフォンを外部モニタに接続すると、デスクトップ向けの Linux を利用できると謳うカスタム ROM「MaruOS」が登場しました。MaruOS は、Linux ディストリ Debian Linux と Android を一体化したもので、スマートフォンとモニタを HDMI ケーブルで接続すると、自動的に Debian に切り替わる仕組みです。Debian は古くから存在する有名な Linux ディストリなので利用者も多いことでしょう。Debian は当然のことながら X Window をサポートしているので、十分にデスクトップ PC としても使えます。Maru OS の公式サイトに機能の詳細は公開されておらず、ROM やインストール方法なども掲載されていません。今後リリースされる予定なのでしょう。最近では、Remix OS や Phoenix OS、Ubuntu タブレットが登場するなど、Linux 系の端末でも一台で 2 通りの使い方ができる製品が増えてきましたね。Source : Maru OS

■関連記事
スクエニ、FFポータルアプリで2月14日までスマートフォン版「FF II」を無料配信
Huawei GX8が米国で発売開始
カスタムリカバリ「TWRP 3.0.0.0」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP