ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンセス・クルーズ、マスター・ショコラティエのノーマン・ ラブ氏による「チョコレート・ジャーニー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

プリンセス・クルーズは、オリジナル・プログラムの「チョコレート・ジャーニー」に新たに加わった創作チョコレート・デザートを発表しました。世界的に高い評価を受けているマスター・ショコラティエ兼ペーストリー・デザイナーであるノーマン・ラブ氏とのパートナーシップによる新作「チョコレートメニュー」は、デザートや、紅茶とチョコレートのペアリングなど、これまでよりも提供施設をさらに増やし、より甘美な体験へと誘う。

美しく滑らかで濃厚なチョコレートを作るラブ氏は、「インスタイル・マガジン」「マーサ・スチュワート・リビング」、オプラ・ウィンフリーの雑誌「O」などでも高く評価される。彼は、プリンセス・クルーズのオリジナルである「チョコレート・ジャーニー」プログラムのめに最も芸術的な手作りスイーツをデザインしてきた。フランスで研鑽を積み、ザ・リッツ・カールトンの前エグゼクティブ・ペーストリー・シェフを務めたラブ氏の作品は、極上のチョコレートを個性的なフレーバーと芸術的なデザインで組み合わせ、チョコレート愛好家に高い評価を得ている。

「チョコレートはすべての人に秘密の愉しみを与えます」と、ラブ氏は述べています。「一生の思い出に残るプリンセス・クルーズの船上で、この新作チョコレート・デザートは、口に入れた瞬間に幸せな気持ちになるひとときをお客様にお届けします」。

2016年初旬から全船で提供する「チョコレート・ジャーニー」の新作メニューは、以下の通り。

ホライゾン・コートの朝食メニュー:クルーズ中、毎日、極上のチョコレートを使用したチョコレート・マフィン、ブルトン、パフ・ペーストリー、デニッシュなど、風味豊かな朝食メニューが提供。ホライゾン・コートの夕食デザート:毎日異なるフレーバーが楽しめるよう、毎晩、新作のチョコレートケーキを提供。アフタヌーン・ティー:香り豊かな紅茶やアフタヌーン・ティーの伝統的な定番メニューとペアリングし、ラブ氏による魅惑的なチョコレート・デザートを提供。

チョコレート・スフレ:ラブ氏とのパートナーシップで開発されたチョコレート・スフレをメイン・ダイニングで提供。

チョコレート・クッキー:ラブ氏が披露する個性的なレシピの「チョコレート・ジャーニー・クッキー」は、「インターナショナル・カフェ」*や「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」などの船内の要所にて提供。

インターナショナル・カフェ*:ミルク・チョコレート・ムース、キャラメル・チョコレート・フラン、ピーナッツ・バター・チョコレート・タルト、ミルク・チョコレート・シャンティリー・エクレアなどが、毎日インターナショナル・カフェで提供。
*本年4月~10月まで日本発着クルーズを行うダイヤモンド・プリンセスには、この施設はありません。

2014年11月に開始した「チョコレート・ジャーニー」は、マスター・ショコラティエのノーマン・ラブ氏が創作するチョコレート体験プログラムで、プリンセス・クルーズのお客様限定に、デザート、ワインとチョコレートのペアリング*、そして特製のチョコレート・カクテルを提供。「チョコレート・ジャーニー」に関する詳細は、http://www.chocolatejourneys.com/(英文)をご覧ください。

*ワインとチョコレートのペアリングは、日本発着クルーズを行うダイヤモンド・プリンセスでは提供していません。

 

株式会社カーニバル・ジャパン

(プリンセス・クルーズ ジャパンオフィス)

tel 03-3573-3610

http://princesscruises.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP